お知らせ

お知らせ

*自戒を込めて-> テレビ(大手メディアを含め)はバカ箱ウソ箱
ニュースやワイドショーからは嘘を植えつけられるし、思考痴呆にもなります。

日本の政治や社会を、自分の眼で見て、自分の頭で考えるようにしたいものです。


「公共放送」と名乗っている局や態勢迎合の低俗局、大手新聞社等は時の政府になびくような番組や紙面作りをし国民を騙し洗脳しているのです。 「ゴミ箱」同様の「マスゴミ」情報は信用に値するものであるか、自分の頭で判断したいものです。

*ネットニュースにも、偏狭(偏狂)新聞社やテレビ局のものが掲載されています。 やみくもに信用しない、鵜呑みにしないことが大事ですね。

災害列島ジャパン自衛せよ!

人と防災未来センター

八木下重義ー地震予兆研究センター

*2012年6月、ブログ「続・黒姫高原はんぐろ日記」を開設し、自宅サーバで運用してきたブログ「黒姫高原・はんぐろ日記」の記事等をこちらへ移行しました。 2012年5月以前の記事に載せた写真等はおいおい移行しようと思っていますが、当面ブランクのままの表示となっています。 また従前から開いていたホームページ「黒姫高原・コム」は2015年1月に閉鎖しました。

*所有ドメイン名 kurohimekogen.com, kurohime.com, kurohime.info は順次放棄することにし、当ブログへの転送設定も停止しております。

*新聞の切り抜き等で拡大表示しても文字の判読が難しい時があります。 そのような場合は、切り抜き画像をパソコンにダウンロードしてから表示されると読みやすくなります。



*the world is coming to an end*



*お問い合わせメールは、kurohimekogen●gmail●comへ(●は文字を入れ換え、すべて半角で)

*↓時々、先日付の投稿があります。
 下へスクロールして直近の投稿を確認して下さい。

2018年5月20日日曜日

初物のタケノコが届く

(追記)夕方、町の広報スピーカーからも流れていましたが、明朝は霜が降りるおそれがあるとのこと。
「農作物の管理に注意して下さい」と言われても、畑に植えてしまった苗への対策って何があるのだろう??? ダメになってしまったら、また苗屋さんで求めるしかないのかも ^^; (追記了) 

真夏日のような日が2〜3日続いたと思ったら、一昨日あたりから寒くて、片付けてしまったストーブを引っ張り出したい気分でいます。
今朝の外気温はナント6度。


でも、数日ぶりの青空、だいぶ緑が山をかけ上がっているのが分かります。

この所、スーパーマーケットや野菜直売所に孟宗竹やハチクなどが並ぶようになりましたが、信濃町でタケノコと言ったら「根曲竹」で、その解禁がそろそろ始まるのではないかと思われる昨日、ネマガリダケが届きました。
太さは直径1cm強で柔らかく、虫も入っていませんでした。


山菜組合の許可証を申請してから林道が開くのは例年5月下旬から6月上旬の土曜日でしたが、今年は雪解けや桜の開花から始まって、何もかも早そうですので解禁は早まることでしょう。
そんな時期ですが、タケノコの採取に規制がない地域もあるらしく、このように初物が届くことがあるのです。

タケノコを使った料理は色々あるようですが、一般的には汁物が多いようです。
しかも北信地方では、サバ缶を使った味噌汁が多いようですが、サバ缶の味が強くなってしまいますので、我が家では玉ねぎやジャガイモを入れる程度にしています。

さて我が家の畑では、強い日差しの日になると、野菜の根がしっかりつかないのに日照りにやられてしまうではと、また、寒い日が続くと、成長が止まって枯れてしまうのではと、気がかりになってしまいます。
多年経験者ですと、こんな年もあるのだと、平静を保てるのでしょうが、新参者はひとつひとつの事象に知識も自信もなくて一喜一憂してしまうのです。

韓国のパムコンというお米と一緒に炊ける豆の苗出しをしています。

モロッコインゲン、韓国のケール、カボチャなども今年から種から育てています。

ジャーマンアイリスが咲きました。

イカリソウ?

オオデマリ、純白の花が実に綺麗です。


2018年5月16日水曜日

日の出が早くなり、日の入りがおそくなって、急に暑くなりました

畑作業の疲れがあったり、夕食後することがないと、9時台に早々と就寝してしまい、そうなると明け方の起床が早くなって、4時過ぎになりますと小鳥の声に目覚め、周囲は明るくなって、早朝のひと仕事ができるなという思いにかられるようになっています。 実際には、ご近所には勤め人の方もおられますので、早朝から物音を立てるわけにはいきません。
そして夜7時、まだまだ山々の稜線がはっきりと見えています。


そんな日々、昨日あたりから日中は真夏日を思わせるような天気で、つい数日前までストーブをつけていたのが信じられないような気温になっています。

畑の所々に、昨年の成り物のこぼれ種から苗が伸びだしているのですが、今年はサンチュとパクチーが何故か沢山成っています。
サンチュは、焼き肉などを包んで食べる時によく使いますが、密集していたので、根分けをしようと移植したのですが、この暑さで苗は元気がなく寝そべったままで、朝と昼、夕方と水をまいていますが、無事に育ってほしいと願っている所です。


こちらはパクチー。 タイ料理などに使われる、「カメムシの匂いに似ている」とよく言われる野菜ですね。 我が家はサラダにも利用します。


行者ニンニクの蕾が膨らみだしています。 タンポポの穂のような丸い形をした花から黒い実がなって、これが飛んで新しい苗が育つはずなのですが、我が家では管理が悪くなかなか株が増えません。 種を取り出してポッドなどで大事に育てる必要があるようですが、行者ニンニクの柔らかい葉を利用するのは早春の時のみで、それもほとんど使うことがありません。 ほどほどの株数でいいかなと思ってます。


友人からいただいたサヤエンドウの苗。 蔓がからむようにとネットを張ったのですが、気温が低くてなかなか伸びてくれません。 これから温かくなりそうなので成長してくれることでしょう。 それにしても苗と苗の間が近すぎて、たぶん混みすぎるのではとちょっと気がかりです。


こちらも頂いた松本一本ネギを植えました。 土寄せをするからと畝の間を空けたのですが、ちょっと空けすぎかも? 素人の作です。


ブルーベリーの花がさかんに咲いています。 あと2ヶ月もすれば、これがブルーベリーの実になるのです。


そしてラズベリーの花ももう少しで開きそう。 こちらはブルーベリーより少し早く実が取れだします。 我が家のジャムは、ルバーブ、ブルーベリー、ラズベリーと、甘さ控えめで素材の風味や香りが一杯と、差し上げた方からも好評。


こんな所が我が菜園の近況ですが、気候次第では、苗や種が伸びなかったり発芽しなかったり、腐ったり虫がついたりと、いろんな事象があるようで、農作業は一朝一夕で学べるものではないようです。


2018年5月11日金曜日

田んぼに水が入るといっそう寒さを感じる今日この頃

5月のゴールデンウィークを過ぎると、いよいよ田んぼに肥料や薬剤をまいてトラクターがかんます音がそこかしこで聞こえ、水を入れ始めると、冬眠から目覚めたカエルの鳴き声が賑やかになります。(覚めたばかりのカエルは土色あるいは灰色のような色をしていて、徐々に緑に変わって行きます。)

と同時に、一帯の気温が下がります。
今年の雪解けは早く、桜の開花も例年より2週間も早かった由。 それだけ暖かったということでしょうが、この時期になって逆に気温の低さを感じます。
ここ数日、日中でもストーブをつけていますが、今朝の気温はなんと4度。 畑に霜が降りるのではと気になってしまいます。


窓辺の山桜は花弁が飛んでしまい葉桜となり、そして今はウワズミザクラが咲いています。 白い尻尾のような形をした花で、バラ科の植物だそうですが、何ゆえ「サクラ」という名称が付いたのでしょう?


そのウワズミザクラの大木が柏原地区にありました。 場所は、信越病院近くの信濃村教会。 教会に併設された牧師館の横にありますが、これまで何度も側にいて、気づきませんでした。


さて、我が家の庭の春の花々もそろそろ終盤を迎えつつありますが、もう少しでオオデマリが開きそうです。


複雑な天候が続く中、我が家の畑も少しの進歩がありました。



タネから苗を育てようと思うものの、店頭で野菜苗を見るとついつい買ってしまいます。これまで植えた苗は、

 ジャガイモ、 サヤエンドウ、 キュウリ、 モロヘイヤ、 シシトウ、 パプリカ、 万願寺、 ピーマン、 ナス、 ミニトマト、 ブロッコリー、 スティックセニョール、 セロリ、 モロッコ

他に昨年のこぼれタネから芽だったものもあります。
タネから育てるものは、

花豆、 カボチャ、 韓国でいただいたパムコン等

昨年はエゴマのこぼれタネで苗をまかなえたのですが、今年はひとつも出ておらず、タネから育てようと思っています。
エゴマの葉のキムチを韓国で教えていただき、それを実践しようと思っているのに、苗が間に合わず、なかなか思うようにいかないものです。
 

2018年5月5日土曜日

一茶祭りに出かけた

今朝も6度ほどと寒かったですが、日差しが出るにしたがい温かくなりました。

今日、5月5日は毎年恒例の一茶祭りの日です。
雪がとけて花が咲き、新緑と共に春を謳歌するこの日、小林一茶の生誕を祝う町の行事で、舞台での出し物を中心に色々な出店があって、春一番の賑やかさを呈する催しとなっています。
(ウイキペディアによると、実際の生まれは宝暦13年5月5日で、西暦ですと1763年6月15日となるそうです)

と言いつつも、どことなく今年の出店が少なく、食べ物の店が中心になっているような感じがしました。
その中で、町内の有志が集う「被災者支援の会」(災害支援信濃町連絡会)では、東日本大震災に遭われた地を忘れないようにと、石巻で取れた生わかめを販売し、寄贈された家庭用品など雑貨類の販売も行っていました。




ひと通り会場を巡って、知己の方々に挨拶し、今日だけ無料の記念館の展示を見て帰路につきました。

小丸山公園の「おもかげ堂」の屋根が新たに葺き替えられていました。




一茶祭りの会場の外では、句碑めぐりのスタンプラリーや村の鍛冶屋の公開なども同時に行われていました。

記念館がある小丸山公園は比較的高台にあって、黒姫、飯綱、妙高の山々が眺望できる良い場所にあって、特に二階の窓からですと、3山のパノラマ撮影も可能かと思われます。


帰り道、古間北信号脇の跨線橋に人だかりの一団がいて、「撮り鉄」の面々だと分かり、当方もしばし脇に立ちました。 緑と橙色の湘南色の下り電車が行ってからは、しなの鉄道の定番電車が長野へ向かって行きました。


一茶祭りの会場にも置いてありましたが、「しなのまち どんなまち?」という観光パンフレット(小冊子)です。 毎年更新されていて、今年は橙というか赤というか、そんな表紙になって、なかなか興味を引く内容となっていて、我が家でも信濃町に遊びに来た友人や知り合いなどに特産物を送る時に荷物に入れるようにしています。
その他、この冊子とは異なりますが、英語版、中国語版、韓国語版のガイドブックが用意されています。


2018年5月4日金曜日

寒々しいゴールデンウィーク前半でした

昨日は一日中雨降りで、今日は予報では晴れでしたが、曇ったり時々小雨が落ちるなど、気温は11〜12度ほど、夜間になると6〜8度ほどになっています。
日差しがほとんどないので、灯油やガスストーブが欠かせません。

そんな気候ですが、何をどこに植えるかおおよその区分けをするため、畑に紐を引いて、畝立て(実際にはしませんが)し、スティックセニョールやパセリなどの苗を植え、そして、二十日大根やベビーリーフなどの種を蒔きました。

多くの畑では、地熱を上げ、雑草の繁殖を抑えるため、マルチと呼ぶ黒いビニールで畝を覆いますが、少しでも自然農業に近付こうと(実際には風でしばしばめくれて舞い上がってしまい面倒なのです)、そのままにして、時々草引き(雑草を取る)するようにしています。

まだ低い気温の日があったり、霜がおりることもあるので、肥料袋などを利用して、苗の周りを囲っています。



畑の所々に、昨年のこぼれ種から発芽した苗が見られます。 雑草と間違えないようしないといけません。 ほどほどの大きさになってきたら種類ごとに移植してまとめます。


ルバーブの周囲にも雑草が出ますが、今日はその根本にイタリアンパセリの新芽を見つけました。


今日はほどよく育ったルバーブを収穫し、ルバーブケーキとジャムに。 今どきのルバーブは爽やかで美味しい。


夕方になって、やっと晴れそうな気配になってきました。
昨日と今日、黒姫童話館では一箱古本市が開かれていましたが、悪天候では開催者もお客さんも大変な思いをされていたことでしょう。

明日はやっと晴れの見込みで、一茶記念館では、毎年恒例の「一茶祭り」が開かれます。
やっと温かくなるでしょうから、明日は出かけようと思っています。


2018年5月1日火曜日

野菜苗や種を探しに町内を巡る

今年は種から苗出しして、野菜を育てようと言いながら、町内の店を巡っていると、ついつい野菜苗を買ってしまうのでした。
今日は平日であったので、それほど混んではいませんでしたが、休日は車を停めるスペースがないほど混んでいるのではないかと思います。




人に遅れじと、ついつい余分に野菜苗を買ってしまうのですが、まだまだ低温の日があったり、霜がおりたりと、この時期は野菜の生育にとっては厳しいものがあり、植えても5月中は冷気から守るため、肥料袋などを利用して苗を囲ったりもします。

また、良い種を入手しようと、「野口のタネ」にも注文しているのですが、この時期は大変混んでいるとのことで、送られて来るのは早くても2週間後とのこと。

庭の片隅で、サクラソウが咲いています。

例年、連休の後に咲いていた姫リンゴの花が開きました。

オオデマリの白い花も間もなく開くのでしょう。

2018年4月30日月曜日

いよいよ畑作業がはじまります

雪が消えて1ヶ月余り、春真っ只中の今日此の頃ですが、今、畑の中で一番に成長しているのがルバーブ。
今頃から6月にかけて育つルバーブはえぐ味がなくて、実に爽やかな食材になります。
そして今は花をさかんに咲かせています。 ルバーブを種から育てる方は、花を咲かせるのでしょうが、栄養分が花にいってしまうため、通常はもぎ取ってしまうようで、株を増やしたい時は、晩秋や初春に根を掘り出して、スコップで割るという方法が一般的なようです。


さて、スーパーなどの店頭に野菜種が、また苗屋さんに野菜苗が並ぶようになって、畑作の準備にとりかかっている様子がうかがえるようになってきました。
我が家でも、耕運機を入れて畑起こしをしてもらいました。


これから何を植えるか、蒔くかを決めてから、まず区分けをして畝立てをすることになります。  昨年や一昨年の植付を反省し、種類を限定しようと決めるものの、苗屋さんで苗を見ると欲しくなったり、知り合いがくださったりと、結果、広い畑も過密状態になってしまうのです。

前出の山桜の葉がどんどん大きなリ、どことなく白い花が目立たなくなってきました。 そして時にチラチラと花弁が舞いはじめています。


昨日、柴津・称名寺の枝垂れ桜を見に行ってきましたが、すでに散ってしまっていて、地表にその花弁すら残っていませんでした。 佐々木さんの話しでは、今年の開花は早く、しかも花芽が少なかったそうです。