お知らせ

お知らせ

*自戒を込めて-> テレビ(大手メディアを含め)はバカ箱ウソ箱
ニュースやワイドショーからは嘘を植えつけられるし、思考痴呆にもなります。

日本の政治や社会を、自分の眼で見て、自分の頭で考えるようにしたいものです。

「公共放送」と名乗っている局や態勢迎合の低俗局、大手新聞社等は時の政府になびくような番組や紙面作りをし国民を騙し洗脳しているのです。 「ゴミ箱」同様の「マスゴミ」情報は信用に値するものであるか、自分の頭で判断したいものです。

*ネットニュースにも、偏狭(偏狂)新聞社やテレビ局のものが掲載されています。 やみくもに信用しない、鵜呑みにしないことが大事ですね。

災害列島ジャパン自衛せよ!

人と防災未来センター

八木下重義ー地震予兆研究センター

*2012年6月、ブログ「続・黒姫高原はんぐろ日記」を開設し、自宅サーバで運用してきたブログ「黒姫高原・はんぐろ日記」の記事等をこちらへ移行しました。 2012年5月以前の記事に載せた写真等はおいおい移行しようと思っていますが、当面ブランクのままの表示となっています。 また従前から開いていたホームページ「黒姫高原・コム」は2015年1月に閉鎖しました。

*所有ドメイン名 kurohimekogen.com, kurohime.com, kurohime.info は順次放棄することにし、当ブログへの転送設定も停止しております。

*新聞の切り抜き等で拡大表示しても文字の判読が難しい時があります。 そのような場合は、切り抜き画像をパソコンにダウンロードしてから表示されると読みやすくなります。

*the world is coming to an end*



*お問い合わせメールは、kurohimekogen●gmail●comへ(●は文字を入れ換え、すべて半角で)

*↓時々、先日付の投稿があります。
 下へスクロールして直近の投稿を確認して下さい。

2004年6月28日月曜日

田中知事の住民登録問題

 田中長野県知事については、これまでの知事と違って、自ら歩き自ら発想し、良いと思うことを率先して県政の場で行っていることに、概ね賛意を持っていた。 そして、過疎の村を支援したいという熱情も分かるし、これほどのことを行う知事はどこにもいないと思う。

 しかし、村長の家に間借りという形のみで、実際には住んでおらず、しかも県庁のある長野市への通勤も時間的に無理とのこと。 日々の生活の実態は長野市にあるわけである。
 そんな中、下伊那郡泰阜(やすおか)村選挙管理委員会に、田中知事の選挙人名簿登録の決定取り消しを命じる長野地裁判決が出たのにもかかわらず、昨日、知事は投票所入場券が必要ない期日前投票という手段を使って、泰阜村での参議院議員選挙の投票を決行した由。

 ユニマットという、事業所にコーヒーメーカーを置く形で高収益をあげている企業がある。 この高橋社長は営業戦略から西表島に住民登録をし、億単位の住民税を島にもたらしていると云う。
(こちらの住民登録は、リゾート開発をスムースに実施するための餌であり、田中知事とは異なって意図は悪賢く感じるのだが)
 しかし、実際には住んでおらず島の選挙管理委員会は選挙人名簿登録を抹消したという。 島の税収入の半分以上を担っている人に対してすら、このような決定をしたのである。
 田中知事のこのような行動には一種の強権発動に近いものを感じた。 現実に、誰でも無理と思える住民登録ではなく、もっと県民が納得できる形で、泰阜村への田中知事の個人的な援助が出来ないものかを考えてほしい。 あまりに固執していると知事への支援そのものを失いかねず、墓穴を掘ることにもなるのではと憂慮してしまうのである。
[7/4追記]
 アサヒコムのページに、都道府県の長の支持ランキングが掲載され、長野県知事は不支持No1とのこと。 調査結果を全面的に信じることはできないが、知事の主張も大事だが、市民感覚から乖離した行動には相容れないものを感じた結果なのであろう。 東京や大阪など歴代知事に学者や著名人が選出されていたが、結局は在任の効果が評価されないままで終わっているケースが殆どである。 このようなことにならないよう思慮のある行動に出られるよう切に願いたい。

(旧徒然日記から転記)



2004年6月23日水曜日

JTBがスキー場経営から退く

 黒姫ゲレンデを経営する黒姫観光開発に、JTBが資本参加し人材も送り込んでいたが、営業権を譲渡し黒姫から撤退すると先月発表されていた。
 既に、人伝に聞いていたものの、詳細不明なので敢えて発言しないようにしていたが、本日、こちら(NIKKEI NET 地域経済ニュース)のページで発表されていたことを知ったので記しておこうと思う。

 営業権の譲渡先は、ゲレンデのすぐ下にある黒姫ライジングホテルを経営するライジングサンホテルズとのこと。 譲渡先はニチメン日商岩井の合弁会社「双日」系の不動産会社ということだが、双日は本年4月に両者が合併したもの。
 譲渡先企業の姿がよく分らない今、黒姫ゲレンデの経営がどういう姿になるのか、隣の飯綱なども経営的に苦しいと聞いており非常に気になる所であるが、夏のコスモス園は例年通りに開園し、新しい経営の姿が見えてくるのは次のスキーシーズンということになろう。
(6/28追記)
 5月14日の信濃毎日新聞の信州スキー場だよりのページに既に掲載があった。
(以下、日経記事5/22)
 

JTB、黒姫のスキー場をホテル運営会社に売却
 JTBは21日、黒姫高原(長野県信濃町)で運営しているスキー場などの営業権を、信濃町のリゾートホテル「黒姫ライジングホテル」を運営するライジングサンホテルズ アンド リゾーツ(東京・港、岡田正夫社長)に譲渡することを決めた。 売却金額は数千万円とみられる。 黒姫ライジングはホテルとスキー場の一体運営で集客増を目指す。
 JTB子会社で長野電鉄(長野市)、信濃町も出資する黒姫観光開発(信濃町)のスキー場やコスモス園などの営業権をライジングサンホテルズに売却する。JTBは長電と町から株式譲渡を受けた後、11月までに営業権を売却、同社を解散する。JTBは特別損失数億円を見込む。
 ライジングサンホテルズは総合商社、双日(ニチメンと日商岩井の合併会社)系不動産会社が所有する黒姫ライジングホテルを運営。 岡田社長は「宿泊パックの充実や顧客サービスの向上を図っていきたい」という。

(旧徒然日記から転記)



2004年6月22日火曜日

野尻湖ミュージックキャンプ

 野尻湖畔の国際村に住むカナダ人が、アイリッシュケルトなどトラディショナルな音楽を演奏する「ミュージックキャンプ」を開くとメーリングリストが届いた。
 昨年も同様の主催があり、参加の打診をメールでしたが、プライベートな催しのようだし楽器が弾けることが条件らしく諦めたことがある。

 7月下旬に野尻湖花火大会と併せて、サマーフェスティバルと銘打って色々な催し物が開かれるが、このようなイベントと同時に行われると、もっと色々な人たちがこの音楽を楽しめると思う。
 こちらに、野尻湖ミュージックキャンプの詳細がある。

(旧徒然日記から転記)



2004年6月8日火曜日

タケノコ

タケノコ

 先日の山登りでは、早朝からタケノコ採りに入山しリュック一杯に詰めて降りてくる人達にたびたび会ったが、比較的山の上の方で採ってる人も多かったので、そろそろ旬も終りに来ているのかもしれないと思った。

 今頃のタケノコは根元がやや緑がかっているものもあり、軟らかさも少なくなりつつあるので、それだけ料理に工夫が要りそうである。

 この写真は先日戴いたものだが、これだけにするには大変な作業が必要で、本当に”ズク”がないと味わえないものであり、感謝の一言(^o^)丿

(旧徒然日記から転記) 



2004年6月6日日曜日

黒姫山 登山

 今日は、信濃町役場と信濃町観光協会共催の登山会に参加した。
 前日まで快晴が続いたのにも関わらず、本日は下り模様であったものの、登山中は薄日がさすほどであった。 しかし、12時少し前に山頂に届くやいなや、雨が降り出し、七つ池への分岐の笹の陰で昼食。
 濡れた小泉山道は滑って危険だと、登った道を戻って降り、大橋林道入口に3時過ぎ無事に到着することができた。

黒姫山登山 黒姫山登山


 

黒姫山登山 黒姫山登山


 

黒姫山登山 黒姫山登山

 雨は一時降っただけで、林道を歩く間、黒姫観光開発のNさんと町のことや観光のことなど意見を交換する中、意気投合し下山することができ、新しい知己に感謝。
 押されて登れてしまう、この登山会はいい企画だと思い、しばしば参加させていただいているが、いい企画を企画だけに終わらせず、次の企画への橋渡しができるような事ができないかと思った。 また、八方美人のプロジェクトは何も産まないし、痛みや膿を出す覚悟での町の活性化を図らないと意味がないというのが本日の感想であった。

(旧徒然日記から転記)



2004年6月5日土曜日

黒姫駅に583系列車

 長野駅のホームで、直江津行きの快速電車を待っていた所、ホームに塗装がはげた古い列車が止まっており、車内の片側に寝台、もう片側に座席がついた少し変わった仕様であることに気がついた。
 この回送列車が出た後、信越線に乗って黒姫駅に降り立ったところ、この列車がホームの反対側に止まっており、定時列車の合間をぬって回送しているようであった。 何か特別な列車のようで鉄道ファンらしい人たちが写真を撮っており、その間に割り込んで早速カメラに収めてみた。

アップロードファイル 37KB

 あらためて鉄道ファンのページを見たら、この583系列車は、昭和40年代に電車型で寝台と座席を兼ねた珍しい車輌とのことで、特急はくつる、雷鳥、つばめなどに使用され一世を風靡した列車とのことであった。

(旧徒然日記から転記)



583系 583系 583系

2004年6月2日水曜日

戸隠牧場で遭難騒ぎ

 今朝6時半過ぎのNHKテレビのニュースで、信濃町に近い戸隠牧場付近で学生が行方知れずになったが無事発見されたと報道されていた。
 戸隠牧場入口の案内所や奥社入口の鳥居の映像が見えていたが、詳細は聞き逃してしまい不明で、他局や他紙のHPに掲載されているかなと見たが午後3時の段階で何も掲載はなかった。

 今の時期、熊が、毒おろしをしたという水芭蕉の茎が広く倒れている事象を、奥社植物園で見ることができるし、黒姫童話館にも以前熊が現れたと聞いたことがある。 無事で何よりであろう。

(6/3:Yahooニュースやしんまいのページに記載があり、横浜の中学生だったとのこと。)

(旧徒然日記から転記)