お知らせ

お知らせ

*自戒を込めて-> テレビ(大手メディアを含め)はバカ箱ウソ箱
ニュースやワイドショーからは嘘を植えつけられるし、思考痴呆にもなります。

日本の政治や社会を、自分の眼で見て、自分の頭で考えるようにしたいものです。

「公共放送」と名乗っている局や態勢迎合の低俗局、大手新聞社等は時の政府になびくような番組や紙面作りをし国民を騙し洗脳しているのです。 「ゴミ箱」同様の「マスゴミ」情報は信用に値するものであるか、自分の頭で判断したいものです。

*ネットニュースにも、偏狭(偏狂)新聞社やテレビ局のものが掲載されています。 やみくもに信用しない、鵜呑みにしないことが大事ですね。

災害列島ジャパン自衛せよ!

人と防災未来センター

八木下重義ー地震予兆研究センター

*2012年6月、ブログ「続・黒姫高原はんぐろ日記」を開設し、自宅サーバで運用してきたブログ「黒姫高原・はんぐろ日記」の記事等をこちらへ移行しました。 2012年5月以前の記事に載せた写真等はおいおい移行しようと思っていますが、当面ブランクのままの表示となっています。 また従前から開いていたホームページ「黒姫高原・コム」は2015年1月に閉鎖しました。

*所有ドメイン名 kurohimekogen.com, kurohime.com, kurohime.info は順次放棄することにし、当ブログへの転送設定も停止しております。

*新聞の切り抜き等で拡大表示しても文字の判読が難しい時があります。 そのような場合は、切り抜き画像をパソコンにダウンロードしてから表示されると読みやすくなります。

*the world is coming to an end*



*お問い合わせメールは、kurohimekogen●gmail●comへ(●は文字を入れ換え、すべて半角で)

*↓時々、先日付の投稿があります。
 下へスクロールして直近の投稿を確認して下さい。

2012年4月30日月曜日

蕗取りにゲレンデへ

 信濃小中学校グランド脇と、町民の森の桜がかなり色づいて綺麗に花咲いています。

 日毎にタラノメやコゴミなどの山菜が目に付くようになりましたが、今日は、黒姫のゲレンデへ蕗を取りに出かけました。 採取に助っ人がおられ、3つのレジ袋に満載となりましたが、帰ってからのゴミ取り作業が大変で、指先を真っ黒にして、綺麗なもの袋詰め。 殆どが東京への宅配箱に入りました。

 帰りに寄った道の駅・天望館は連休とあって、大変な賑わいでレストランは座る席が見つからないほど。 我々はいつもの牛乳ソフトを賞味しましたが、食べ終えた後の舌に変な味が残らない、ここのソフトクリームは一番美味しいと思います。

ふき

 

 

ふき


2012年4月29日日曜日

桜の開花を見て回りました

 昨日の暑さが引き金になったのでしょう、町内の桜が一斉に花開きはじめました。 と言いつつもまだ2~3分咲きの所が多いようです。

 そこでMTBを出してきて、野尻湖一周をかねて開花状況を見て回りましたが、桜だけでなくラッパ水仙やチューリップ、カタクリやイチゲなども見られました。

 総合グランドでは毎年恒例の信濃町消防団の出初式が執り行われ、連休を楽しんでいるのでしょう、湖畔のホテルやウォータースポーツの宿にもたくさんの県外からの車が止まっていました。

 途中、斑尾林道へ上がって、野尻湖と北信の山々を俯瞰しようと思ったのですが、雪解け水が流れ、倒れた立ち木などに阻まれ、自転車を押して登っていったのですが、途中で疲れを感じ結局ユーターンしてしまいました。 晴れていたとはいえ、昼過ぎて空の青さが白みつつあったので、たとえそのまま登っても良い写真は撮れなかったことでしょう。

桜など

 

古間・行善寺
桜など

 

鳥居川の川辺にて
桜など

 

信濃町消防団の出初式
桜など

 

本年3月で閉校した古間小学校前にて
桜など

 

柴津・称名寺のしだれ桜
桜など

 

しだれ桜と白木蓮
桜など

 

桜など

 

菅川神社の大杉群と桜
桜など

 

桜など

 

桜など

 

桜など


落慶法要 イン 小布施町

 昨日、小布施町の松林寺で行われた落慶法要を伝える写真が今日届きました。 私は留守番でしたが、小布施町の町長さんも来られるなど盛大な法要であった由。 昨日の朝に発ったお客さんに信濃町の桜を楽しんでもらえなかったので、松林寺へ向かう途中、野尻湖タクシー(のジャンボタクシー)の運転手さんにお願いして、小布施の川辺の桜や菜の花を楽しんでもらったそうです。

 建築に樹齢400年の木曽ヒノキ材が使われていると、カンナで削った薄皮が良い香りがするので袋に入れたものを、そして老師が書かれた「佛心」という書もいただき、我が家の大事な物がまた一つ増えました。

小布施にて

 

小布施にて

 

小布施にて

 

小布施にて

 

小布施にて


2012年4月28日土曜日

ブルーベリーの剪定というほどではありませんが、

 26日の小沢さんの無罪判決に対し、大手新聞やテレビは相変わらず意味のない糾弾報道をしているようです。 まあ歯切れの悪い判決理由でしたから、つまらぬ憶測が再び流れるのは仕方ないかもしれませんが、報道する立場としては判決を尊重する姿勢は欲しいものです。

 でも、あの大善裁判長も所詮、出世や保身を脳裏に残したサラリーマン裁判官であったんですね。 疑わしいものの、有罪とする証拠がないので無罪にしたということのようで、政治家・小沢を真正面から見極める気構えはとうに失っていた裁判官であったようです。

 まんがイラスト ぼうごなつこのページ 判決前夜の漫画を見ると、あの裁判官がおかれた状況がよく分かります。

 そして、杉並からの情報発信です2では、 大善裁判長の「無罪判決」は重大な「真実」を意図的に隠すための「目くらまし判決」! と、厳しく弾劾しております。

 また、植草一秀の『知られざる真実』  2009年3月以来の巨大政治謀略の貧困な内容: でも、

 みなと横浜みなみ区3丁目: 【小沢裁判判決速報】無罪とはいえ、どこかおかしい。

 でも、日本社会をきちんと見極めている記事はよくあるものです。

○日刊ゲンダイ・サイトの記事からです。

 4/26 きょうで小沢裁判は終わったか

 4/27 小沢無罪判決を多くの人々はどう評したか

 4/28 小沢報道は全部ウソだったと謝罪の必要

 

 さて、黒姫の今日は、朝方、霧が立ちこめていましが、昼に近づき晴れて山々が見え出して、夕方まで良い天気が続いていました。 ただ日差しが強く窓辺にいるとまどろむほどの温かさでした。

 そんな中、ブルーベリーの剪定をしましたが、ネット検索しても剪定の作法については、なかなかよく理解できません。 風通しをよくすることや、幹の黒いものや葉の新芽だけの枝などを念頭に切りましたが、正しい選定方法はよく分かりません。

 かなり大胆に切っても良いようですが、草木の成長過程を知らない身としては、おそるおそるの剪定作業でした。

 そして、昨秋はあまり元気がなかったルバーブですが、青々とした葉を立派に付けていました。  株分けをして、生産量を増やしたい所ですが、株分けの方法が分かりません。 農家の方に聞いてもネット検索してもいとも簡単に説明される方がおられるのですが、いざ自分でするようになると、なかなか迷うこと多いものです。

 やっとご近所の桜が花開きはじめました。

 ブルーベリーの蕾。

 



2012年4月27日金曜日

蕎麦と山菜天麩羅を堪能

 明日、小布施温泉近くに開山された松林禅寺で落慶法要があると、東京から一団の方々が我が家に届きました。 例年ならば桜が5分ほどに花開く時期で、柴津の枝垂桜を見ていただきたかったのですが、今年ばかりは雪解けが遅かったせいか、開花が遅れているようで、今日になってやっとご近所の庭の桜の蕾が膨らみはじめています。

ハクモクレン
hana

 

タムシバ
hana

 

枝垂桜
hana

 客人が来られているからと、懇意にしている地元の方が蕎麦を打ってくださり、まだ数少ない山菜を届けてくださった方もいて、早速盛りだくさんな良い香りの蕎麦と天麩羅を堪能いたしました。 蕗、タラノメ、独活、ヨモギ。 そして、ツクシの卵とじ、雪菜や行者ニンニクのお浸しなど。

soba

 

soba


2012年4月26日木曜日

無罪判決を受けて市民の会が反撃に出た

 小沢一郎さんの裁判について、早速色々な方がブログに書かれていますが、現在の所、「噂の真相」の編集長をされていた岡留安則さんの26日付けで綴られている”「東京-沖縄-アジア」幻視行日記”が一番正しく記述されているように思われました。

 そして、先ほど届いたMLでは、「健全な法治国家のために声をあげる市民の会」が、検察特捜部検事などに対し偽計業務妨害、偽証、犯人隠匿、偽証公文書作成および行使などを理由に告訴する旨訴状を提出した由。 その裏には、小沢さんに対する控訴断念を意図しているものと思われますが、至極当然の成り行きであろうと思います。

 とにかく腐った検察(中には真っ当な検事さんはいるのでしょうが)ばかりでなく、警察も裁判所も含め、司法の正義についてあらためて自覚してほしいと思います。

 檸檬の徒然草(官僚&マスゴミ批判大全集 )。。    第654巻 田代検事含める検事7名に対する告発状提出 など を参照されるとよく分かると思います。

 他に、

 ○和順庭の四季おりおり  小沢裁判無罪判決は市民の勝利

 ○ラ・ターシュに魅せられて  小沢無罪! 「無実なんですから・・当たり前でしょ? ただ・・判決は、確定させにゃならんな」 小沢一郎

 ○杉並からの情報発信です2  明日(4月26日)午前9時東京地裁前に集合して「小沢裁判」 不当判決を絶対出させない戦いを繰り広げよう!

 

 それにしても、無罪判決が出たというのに、自民党の石原のぶてるは、「政治的道義的責任は重いので、国会の場で説明責任を果たしてもらいたい」と言った由。 餓鬼の遠吠えのような、親と同様に成長し切れていない思考、そして上段から見るだけの、言葉遣いも知らない、空っぽな俄か政治家の存在に対し、幹事長という重職に就けている自民党の行方が気がかりとなってしまいます。

 やみくもに増税にまい進している野田を党首におく民主党議員の無能さが目立ちますが、自民党も人材がいないのでしょうね。

最後に、

 Dendrodium の20日付け記事「これからの世界に向かって立ち上がる市民たち」の中に、「十代の若い人たちに宛てた手紙(pdf)」のことが記されており、これは是非お読みいただきたいです。



小沢さん、無罪判決が出ました(^^♪

 小沢一郎さんの政治資金規正法違反裁判が無罪判決となりました。

号外

晴 天 と ら 日 和 : 【ニコニコ動画:午後3時から録画放送】小沢一郎裁判 無罪判決! 弁護団・指定弁護士による記者会見。 + 小沢さんが談話発表。 + 小沢元代表無罪裁判詳報。

 ただ、大善裁判長の判決理由を見ると、強制起訴や告訴事由を肯定するなど、必ずしも手放しで喜べるものでなく、控訴を可能とする含みをもたせた、ある意味で裁判長の「逃げ」姿勢が感じられてしまいました。 検察の違法捜査や疑義の残る検察審査会であったため、検察役の指定弁護士が控訴を決めるか難しい所でしょうが、それは誰にも分かりません。

 今日の結果は、大手マスゴミやテレビなどが小沢さんを悪人にしたてあげている中で、東京新聞や週刊現代などわずかなマスコミが疑問を訴え続け、さらに数多くのブログ発信や小沢さん支援デモの実施など、そういった活動や力の結集があったからだと思います。

 どちらにしても第一歩としては良かった。 でも、この3年間を浪費させた、誰の差し金か分かりませんが、その責任というか罪は大きい。 もし控訴となれば、またもや無駄な期間を経ることになります。

 小沢さんの党員資格停止が解かれ、本格的に政治の表舞台に立つのはもう少し先でしょうが、小沢さんはこれまでの民主党党首とは異なり、もともと「国民の生活が一番」という理念を通され、理由なき増税に反意を述べています。 四面楚歌の3年間、小沢さんは大変な辛酸を舐めてきたわけで、それが逆に小沢さんという政治家を成長させ、さらに飛躍させるものになるのではと期待しています。

 本件のような不透明な強制起訴など、今の日本は裏の世界がまかり通っており、実に危険極まりない社会になっていると言えるでしょう。 今日届いたメーリングリストにも、ここ20年間起きた、政治に絡んだ不審死や事件などが掲載されていました。 政治家や官僚、司法、経済界などの利権を支える悪徳社会が見え隠れしているのです。 悪を諌める、必殺仕置き人がこの世にもあってほしいとつい夢見てしまいます。

○政治などが絡んだ人物の不審死など事件一覧○

 

 さて、黒姫の今日は、時折小雨がぱらつく曇り空で、気温は17度ほど。 どことなく足元が寒くて床暖を入れてしまいました。

 雪が消えて2週間ほど経ったでしょうか、庭の所々に花が咲いたり、野草の葉が伸びたりしていますが、桜の開花がいつになるのか、ちょっと気がかりになっています。

花など

 

花など

 

花など

 

花など

 

花など


2012年4月25日水曜日

昨日から黒姫在となりました

 明日、小沢一郎さんの政治資金問題の判決が出ます。 この所、多くのマスコミが無罪判決になりそうな報道をするようになりましたが予断は許されません。 裁判官も官僚組織の中にどっぷり漬かっていますので、上級職から不当判決をするよう暗に指示されるかもしれません。

 でも、鳩山、菅、野田と続いた民主党政権は全く政治担当能力がなく、仙谷由一のような左翼と右翼をうまく使い分け暗躍するような人物に振り回され、何の実行力もないのです。 東北地方を襲った地震による被災者救援も原発事故による被爆対策も効果のないもので、国家として全く機能していないと思えます。 除線作業や瓦礫焼却受入れは、全国の産廃業者などを儲けさせるだけの、結局、国の金(税金)が還流して政治家や官僚、経済界に流れるような仕組みであって、決して被災者のための策ではありません。

 小沢一郎さんが公訴棄却もしくは無罪判決を受けて、政治の中心に出なければ、この国は終わりになってしまいます。 中国や韓国など周辺国からも信頼されず、対話(外交)も出来ない国に成り下がっているのが今の日本です。 明日、棄却(もしくは無罪)判決が出れば日本という国の復興や起死回生のチャンスとなり光明がさして来ますが、もし裁判官が有罪とすれば再び暗黒社会が続き、被災者救済にも全く機能しない政治が続くことになるでしょう。

明日(4月26日)午前9時東京地裁前に集合し「小沢裁判」不当判決を絶対出させない戦いを繰り広げよう!

 

 さて、昨日、黒姫にとどきました。 「着いた」ということを「届いた」と表現するのは、黒姫で知ったことだと思います。

 町中ではほとんど残雪を見ることはありませんが、除雪作業で溜まった所には土を被った汚い雪が残っています。 そしてスキー場まで上がると、まだまだたくさんの雪が残っていて、車で林道を登るのはできません。 雪解けとともに現れるのが蕗玉ですが、里ではよく見るもののゲレンデでの採取はもう少し先になるようです。

 黒姫ゲレンデ下に里桜が植わっている所がありますが、随分と枝が折れていました。 やはり今年の積雪は多かったのでしょう。 今日は、我が家の雪除けを外しましたが、ブルーベリーの小さな幹は見事に折れていました。 また薪ストーブの灰を捨てた場所が悪く、畑の菜花が死に絶えてしまいました。

 この分だと、信濃町と近隣の桜の開花は少し遅れて、もしかしたら5月連休明けかもしれません。 相対的に気温が上がればもっと早まるかもしれませんが、それもお天道さま次第ということでしょう。

残雪


酵素パワーってホントかな?

 我が家が北海道・小樽の大高酵素の酵素液を愛飲していると知っている友達が、NHKの番組で酵素を特集していたと、録画したものを見せて下さった。

 「アサイチ」という番組で、アナウンサーとコメンテータあるいはタレントというのでしょうか、有象無象が出て、酵素についてあぁ~だこぅ~だと話していましたが、実に意味のない会話が続き、視聴者に酵素についてきちんと教えるという視点のない番組作りだという感じを受けました。

 そして、解説している大学の先生と他の出演者の視点が異なっているようで、ちぐはぐさもありました。 結果、見終わって何も残らない番組でした。

 人間の体の仕組みや健康、食品、食事、生活習慣などを含め、酵素がどこに位置しているのかといった、総体としての理解がなくて、製造元の謳い文句を鵜呑みして酵素と名づけられた商品を摂取するのは、何の益がないように思えます。 製造元のパンフレットなどは、だいたいが良い事しか書いてありません。 問題点をさぐり、飲み方によっては効果がないとか弊害が生ずることを知るべきでしょう。

 我が家では、大高酵素のスーパーオオタカを飲んでいますが、酵素液を抽出するために砂糖を利用しており、分解されているとはいえ甘さが強烈ですし、カロリーもありますので、一日に勧められる一定量以上飲むとカロリーオーバーになると思われます。 飲みにくいので、レモン汁のようなもので割る飲み方もありますが、胃腸からすぐに体内に吸収されるためには原液での飲用がベストのようです。

 きちんとした飲み方をしていると、消化器官を正常にしますので、快適な排便ができますし、血管の梗塞を防ぐことも可能で、ある老齢(老獪?)な政治家や高僧などは飲用を続けてきた結果、90歳を越えても元気だそうです。 カロリーがありますので、一食を酵素液に代えて飲むのも便法のようです。

 我が家の孫は、「酵素ジュース」といって、酵素を水で割ったものを愛飲しており、あまり野菜を食べないものの消化器官は正常で、いつも快便だそうです。

 私は、時々一週間ほどの断食をし、基礎代謝分のカロリー摂取をこのスーパーオオタカで補っていますが、体重は4~5kgほど減り、肌は白くなり、体型もどことなくスリムになります。 1ヶ月ほど続ければ、20歳台頃の体型になれるかもしれませんが、そこまですると酵素液を購入する元手が大変な金額になってしまいます。

 「大高酵素」でネット検索すると、色々なサイトが出て来て、どれが製造元のホームページか分かりにくく、多くは地域の代理店や販売店がオンラインショップを開いているケースもあるようです。

 ということで番組から、大高酵素にかかわる部分をスクリーンショットしました。

酵素

 

酵素

 テレビでは、「大高酵素」の「大高」部分を隠していました。

酵素

 酵素商品を並べただけで、それぞれについて具体的な説明はありませでした。

酵素

 

酵素

 酵素風呂の紹介が始まりました。

酵素

 本社敷地内にある酵素風呂(イオンハウス)で、数年前にリニューアルされました。

酵素

 以前は、土管を大きくしたようなコンクリート製のオガクズ風呂でしたが、現在の風呂の方が入浴者の目線が交差することがありません。

酵素

 入浴時間は15分から20分ほど。 体が冷えている時には30分入ったことがありますが、あまり長いと疲れますので要注意です。

酵素

 男性と女性の違いは胸隠しがあるかないかですが、家内は風呂に入ると外して直におがくずをかけてもらいます。

酵素

 札幌冬季オリンピックの時に選手村に酵素風呂を設置したそうです。

酵素

 テレビでは、大高酵素のスーパーオオタカをジョウロに入れて、オガクズに撒く(散水する)ような場面がありましたが、もともと酵素風呂用の溶液を作り、これをオガクズにかけて発酵(発熱)を促進させているので、実際にはこのような場面はありません。 たぶん酵素(液)を入れているのだというのを視覚的に知らせようとしたのでしょう。

酵素

 入る場所によってあまり温かくない所があります。 特に休業日の翌日に入ると、あまり温度が上がっていないことがありました。 熱い時はどうしようもなく熱いです。

酵素

 

酵素

 

酵素

 

酵素

 肌から酵素を吸収するわけではありません。 発汗を促進させるため酵素液を体にふりかけるということはあります。 発汗の結果、風呂を出る時には体の表面にオガクズがつきますが、万遍なくオガクズが付いているということは万遍なく発汗しているということで、そのオガクズの付き方で体調の度合いが分かります。

 都心にもオガクズ風呂を営業している所があるようですが、棺おけのような小さな風呂桶に入る気にはなれません。 しばらく小樽のイオンハウスに行ってませんので、今年は行ってみようかな? 酵素風呂だけで済めば健康にいいのですが、寿司屋横丁とか青塚食堂とか、海産物三昧してしまうと、逆に体重を増やしてしまい、何のために小樽詣でをしたのか分からなくなってしまいます。