お知らせ

お知らせ

*自戒を込めて-> テレビ(大手メディアを含め)はバカ箱ウソ箱
ニュースやワイドショーからは嘘を植えつけられるし、思考痴呆にもなります。

日本の政治や社会を、自分の眼で見て、自分の頭で考えるようにしたいものです。

「公共放送」と名乗っている局や態勢迎合の低俗局、大手新聞社等は時の政府になびくような番組や紙面作りをし国民を騙し洗脳しているのです。 「ゴミ箱」同様の「マスゴミ」情報は信用に値するものであるか、自分の頭で判断したいものです。

*ネットニュースにも、偏狭(偏狂)新聞社やテレビ局のものが掲載されています。 やみくもに信用しない、鵜呑みにしないことが大事ですね。

災害列島ジャパン自衛せよ!

人と防災未来センター

八木下重義ー地震予兆研究センター

*2012年6月、ブログ「続・黒姫高原はんぐろ日記」を開設し、自宅サーバで運用してきたブログ「黒姫高原・はんぐろ日記」の記事等をこちらへ移行しました。 2012年5月以前の記事に載せた写真等はおいおい移行しようと思っていますが、当面ブランクのままの表示となっています。 また従前から開いていたホームページ「黒姫高原・コム」は2015年1月に閉鎖しました。

*所有ドメイン名 kurohimekogen.com, kurohime.com, kurohime.info は順次放棄することにし、当ブログへの転送設定も停止しております。

*新聞の切り抜き等で拡大表示しても文字の判読が難しい時があります。 そのような場合は、切り抜き画像をパソコンにダウンロードしてから表示されると読みやすくなります。

*平和の琉歌



*うないぐみ+坂本龍一「弥勒世果報 (みるくゆがふ) - undercooled」


*the world is coming to an end



*お問い合わせメールは、kurohimekogen●gmail●comへ(●は文字を入れ換え、すべて半角で)

*↓時々、先日付の投稿があります。
 下へスクロールして直近の投稿を確認して下さい。

2013年4月12日金曜日

来らっしゃい! 「内部被ばくを生き抜く」上映会と鎌仲ひとみ監督講演会へ!!

これまで信濃町の有志(信濃ミツバチの会)が原子力や放射能(線)についてお互いに理解を深めようと、「六ケ所ラプソディ」、「ミツバチの羽音と地球の回転」や「内部被ばくを生き抜く」などのドキュメンタリー映像を町内で上映して来ましたが、今般、さらに理解を深めようと、その映像の現場をつぶさに見てこられた鎌仲ひとみ監督をお呼びして講演会を開こうと準備を進めています。

特に若いお母さん方には大変有用な機会ですので、信濃町内の住民のみならず、近隣町村からも参加されると良いと思い、こちらにチラシを掲載しました。(3月の上映会の際には、戸隠や信州新町などから来られたお母さんもおりました)
長野駅から黒姫駅までは、信越線で30分。 駅から会場の信濃町総合会館までは徒歩10分です。


日本人は、原子力発電は自然破壊のない、地球温暖化を防ぐ、クリーンな欠くべからざるエネルギーと思わされ続け、原発がある過疎地域では交付金あるいは補助金などによって潤うという、大変ありがたい存在でした。
しかし東日本大震災による冷却装置へ送る電力喪失により原子炉の溶解、そして放射能の流出が始まって、その危さを感じるようになったわけです。
放射線被ばくは福島原発がある一定の地域だけでなく、程度の差はあれ日本全国津々浦々まで広がっていると考えるのが妥当で、そういった視点から、特に子供たちの成長への影響を考えなければならないのです。

政治家や役人、(御用)学者などは実に無責任に、放射線を浴びてもすぐに影響は出ないとか、被ばく可能基準値を上げ、それ以内なら安全だと言い続けて、ゴマカシを繰り返し、国民に対する背信行為を行なっています。 政権が変わって、原発維持もしくは前進へと政策も変わりつつあるようです。
しかしチェルノブイリ事故などに見られるように、小児性ガンなど被ばくによる疾病が増えて来るのは確実です。 放射線は風によって飛散するだけでなく、野菜や魚など食料品からも全国に広がるわけで、この見えない厄介なシロモノを誰もが摂取する可能性があるわけです。

これまで「食の乱れ」が言われて来ましたが、偏食、ジャンクフード、肉食偏重、食べ過ぎ、睡眠不足などなど、健康にとって害のある所作に、被ばくという問題が加わって来たのです。 日本人あるいは現代人は、総じて病気になりやすい体になりつつあるということでしょう。

それを防ぐためには、「免疫力を高める」ことに尽きると思います。
「内部被ばくを生き抜く」と鎌仲ひとみ講演会の視聴は、そのヒントを与えてくれると思うのです。

0 件のコメント: