お知らせ

お知らせ

*自戒を込めて-> テレビ(大手メディアを含め)はバカ箱ウソ箱
ニュースやワイドショーからは嘘を植えつけられるし、思考痴呆にもなります。

日本の政治や社会を、自分の眼で見て、自分の頭で考えるようにしたいものです。

「公共放送」と名乗っている局や態勢迎合の低俗局、大手新聞社等は時の政府になびくような番組や紙面作りをし国民を騙し洗脳しているのです。 「ゴミ箱」同様の「マスゴミ」情報は信用に値するものであるか、自分の頭で判断したいものです。

*ネットニュースにも、偏狭(偏狂)新聞社やテレビ局のものが掲載されています。 やみくもに信用しない、鵜呑みにしないことが大事ですね。

災害列島ジャパン自衛せよ!

人と防災未来センター

八木下重義ー地震予兆研究センター

*2012年6月、ブログ「続・黒姫高原はんぐろ日記」を開設し、自宅サーバで運用してきたブログ「黒姫高原・はんぐろ日記」の記事等をこちらへ移行しました。 2012年5月以前の記事に載せた写真等はおいおい移行しようと思っていますが、当面ブランクのままの表示となっています。 また従前から開いていたホームページ「黒姫高原・コム」は2015年1月に閉鎖しました。

*所有ドメイン名 kurohimekogen.com, kurohime.com, kurohime.info は順次放棄することにし、当ブログへの転送設定も停止しております。

*新聞の切り抜き等で拡大表示しても文字の判読が難しい時があります。 そのような場合は、切り抜き画像をパソコンにダウンロードしてから表示されると読みやすくなります。

*平和の琉歌



*うないぐみ+坂本龍一「弥勒世果報 (みるくゆがふ) - undercooled」


*the world is coming to an end



*お問い合わせメールは、kurohimekogen●gmail●comへ(●は文字を入れ換え、すべて半角で)

*↓時々、先日付の投稿があります。
 下へスクロールして直近の投稿を確認して下さい。

2013年7月31日水曜日

黒姫高原キャンプ 三日目

昨日、キャンプ二日目、子どもたちは水カンリンバの製作を行ったそうです。

そして今日、午前中にそば打ち体験、午後はブルーベリー摘みを行いました。
昼食に自分たちが打ったお蕎麦を食べて、それぞれ感想を述べていました。

午後はブルーベリー摘み。 摘んでいる間に、一番の年少者が蛇を見つけ、臆せず可愛いと手にとって遊んでいました。

摘み終えてから、スタッフは、ブルーベリー・ジャム作りの小さな講習を考えていたようですが、子どもたちの数名から、自分が取ったブルーベリーでジャムを作りたいと、他の人が取ったブルーベリーと混ぜてほしくないという申し出。 ジャムを家族へのお土産にしたいのでしょう、その気持は分からないわけでもありませんが、ジャム作りには砂糖や瓶が必要ですし、煮沸消毒や脱気処理などもあって、子どもが言うほど容易いものではありません。 今夜、スタッフはどういうふうに理解させたでしょう?

夕食は、昨日がトンカツで、今日は餃子。 餃子は160個も作ったけど、スタッフの口には入らなかった由。 キャベツやサラダなど野菜は残しても、気に入ったものは際限なく食べてしまうのが、現代の若者の姿のようです。


ブルーベリーの収穫はそろそろ終わり

今月10日頃から取れ出したブルーベリーですが、今年は実が少なく、大きさも小さいものが比較的多いようで、日毎収穫量が減って来ました。
全体の収穫量は、ここ数年で一番少なく、昨年の半分にも満たない状況にあります。 実が美味しくなく熟していないのか、ハチの襲来がほとんどありません。 春先の剪定が悪かったのか、または肥料が少なかったのか、先人の知恵を仰ぎたい所です。
ジャム作りは一応終えていますので、パイなどを焼くようであれば、生産者から購入しなければなりません。


先日、飯綱の一部の地域で雹が降って畑のレタスに被害が出たとか、また信濃町でもトマトの成育が悪いようです。 他の野菜は順調に育っているようですが、天候不順などで一部の畑作に成育不良が生じているのかもしれません。

そんな中、今日は福島の子どもたちの黒姫高原キャンプで、ブルーベリー園でのブルーベリー摘みを行ったのですが、ほとんどの実が熟していて、取るそばから潰れていました。
熟したブルーベリーは酸味がなく、ちょっとぼけたような味で、ジャムにしてもペクチンが少ないのでなかなか固まりません。 農家の方の畑を見ても、ブルーベリーの収穫はそろそろ終わりに来ているのではと思われたのでした。

2013年7月30日火曜日

石巻支援コンサート 最終日

 「信州の風をとどけに! 黒姫高原・野尻湖コンサート隊」と銘打った石巻への支援活動について、これまで初日、2日目とお伝えして来ました。
信州の風を届けに! 石巻支援コンサートのこと
石巻支援コンサート 二日目

三日目の最終日は信濃町に戻る日で、午前中のみのめぐる短い旅でした。


牡鹿半島から女川町と向かい、途中、女川原発の横を通りましたが、原発の全体を俯瞰することはできませんでした。


女川町も瓦礫処理が進んでおり、何もない更地が海岸端から上流部へと続いていました。
最初に訪ねたのは、女川町地域医療センター(旧女川町立病院)で、この病院は住宅地域より20mか30mか分かりませんが高台にあって、この病院の正面玄関2mほどの高さまで津波の水は来たとのことでした。


病院の駐車場からは、何もない女川町の海岸端周辺が俯瞰できるものでした。




次に蒲鉾本舗高政へうかがい、店内の片隅で、津波に襲われた当時のビデオを見ながら、被害状況を、そして食べるものがない状況下で被災者に蒲鉾を配ったというお話などをうかがいました。 高台にあった会長の住宅では、奥様であったか津波に飲まれたような話をされていましたが、地元救済に立ち上がらなければと、早期に生産を再開し、今では被災当時の倍の職員が働いているとのことでした。
そこで皆さんこちらで大量に蒲鉾を買いました。 自分としては揚げ蒲の方が美味しかったような記憶です。



女川町立病院下の海岸に近い所へ再び戻って、江島共済会館ビルが横倒しになっている様子を、そしてその前には、七十七銀行の支店があったそうで、津波当時、管理者の不手際でたくさんの職員が亡くなったと、現在、親族から訴訟を起こされているそうです。



黒姫高原キャンプ 始まる

放射能被ばく問題で揺れている福島の子どもたちを一時でも自然豊かな黒姫で過ごして英気を養ってもらおうと計画された、黒姫高原キャンプが、29日いよいよ始まりました。
12時、事務局や食事班の方などが集まって、まずはスタッフの自己紹介と日程の説明。
 早速、調理場の消毒や食器の確認、夕食の支度が始まりました。
我々ロートルは、バーベキューのコンロやテーブルの準備、そして火起こしでした。


総勢30名のうち10名が黒姫で5日間過ごすとのことで、どうにか雨が上がった3時半過ぎに到着しました。 はにかみながらおとなしく現れるのかなと思いきや、彼等は車から降りたとたんに賑やかに騒いでいました。
カメラを向けると逃げる子がいて、やはり中学生になるともう思春期なのでしょう。


そして5時から庭でバーベキュー。
どこの子どもも同じなのでしょうが、とにかく肉は好きですね。 でも、肉の摂取量に応じた野菜を食べてくれればいいのですが、野菜嫌いの子が実に多い。
焼きなすとトウモロコシは食べてくれていました。 信濃町には美味しい野菜が一杯なのに、ちょっと残念な光景です。 残りの日程でどこまで黒姫の野菜を味わってくれるか、食事班の腕の見せ所ということかもしれません。


6時半再び雨模様になってしまいバーベキューは終了。 談話室での自己紹介、それから子どもたちによる食器洗いが終わって、夜の部へ。


夜の部では、海外青年協力隊でアフリカから帰ったばかりという青年と、日本語の上手なアメリカ人の若い奥さんが一緒になって、椅子取りゲームのような遊びを初めていました。
 我々はそのタイミングで無罪放免となり帰宅しました。

なお、お米や野菜などの提供された品々については、黒姫駅前みんなの測定所で検査をし、セシウムなどが無いことを確認しているとのこと。

2013年7月29日月曜日

黒姫高原キャンプの買い出しへ

福島の子どもたちを放射能から守る運動のひとつとして、今夏、自然溢れる信州でひととき過ごしてもらう企画が色々な団体で行われようとしていますが、ここ黒姫でも今週子どもたちを受け入れます。

昨日は、その食事班の長老?2人を車に乗せて、長野へ買い出しに出かけました。 野菜など生鮮食品は地元でも手に入りますが、調味料などは多岐にわたり、それも添加物の無いものとなると、長野市内にあるお店をいくつか回らなければならないのです。
こちらは運転手と、買い物最中のカート押しを担当。 ご婦人方は、「これはダメ! あれはイイ」と、食品の内容、添加物の有無などを一つ一つ点検してからの買い物ですので、相当に時間がかかりました。

皆、疲れてしまい、休もうとたずねた店が、善光寺参道にある、ぱてぃお大門Cafe de Kampoh。 信濃町で延命茶など薬草茶を製造販売している黒姫和漢薬研究所が出店している、喫茶と食事の、ちょっと洒落たお店です。

この5月に、信濃町でドキュメンタリー映画「内部被ばくを生き抜く」の上映と「鎌仲ひとみ監督講演会」を実施した時に、このCafe de Kampohからティーバッグの形をした薬草茶を沢山寄付していただき、参加者に飲んでいただいたものでした。
その時にはじめて薬草茶の店をぱてぃお大門に出されたと知って、今回その場所を実査して来たわけです。

ぱてぃお大門の一番奥にCafe de Kampohはあり、店内は黒を基調とした落ち着いた雰囲気になっておりました。 メニューを見ると、お茶に「ほっこり美人」とか「うるおい美人」などと名付けて、若い女性をターゲットにしているとすぐに感じましたが、健康志向の時代にあって男性でもお腹を内から綺麗にしてくれるメニューではないかと思いました。


私は、インドのナンのような味のする、ピタという薄いパンの間にサラダなどを入れて、そこに5種類のドレッシングを好みでかけて食べました。 そしてパプリカをベースにしたスープ。

女性達は玄米+黒米にグリーンカレーを食べていましたが、一口もらった所、エスニック料理に共通した辛さがあとからじわじわと感じられました。


ちょうど延命茶の奥様が居られて、女性達はお茶のことや料理のことなど、あれこれ話をしていましたが、丁寧でソツのない話し方に、仕事を発展させる雰囲気が感じられ、店を出る時に気がついたのでしたが、今月、東京秋葉原に2号店を出店させたとのことです。


秋葉原は戦後ラジオ部品やジャンク品などをおく電気街として知られていましたが、いつ頃からか、若者向けのマンガやアニメ、フィギャー、そしてコスプレの街になってしまいました。 しかし、それも一巡してしまったのか、大きな量販店ビルができるなど、商業圏が変わりつつあるようで、その一角にJR東日本が「ちゃばら」という新しい形の施設を作った由。
以前、ガード下に青果市場があった場所で、配送トラックが横付けされていたり、リヤカーなどがあったりと、昔懐かしい場所で、その界隈にラジ館、ラジオデパートなどがあって、アップルコンピュータのAppleIIを模したコピー品なども怪しげに販売されていたものでした。
NECがはじめて売りだしたマイコンボードTK-80を買ったのも、万世橋界隈の電気屋さんでした。

そんな懐かしい場所の一角に、Cafe de Kampoh2号店を出された由。 昨今の秋葉原は年寄りにはふさわしい場所ではなくなったようですが、出かけた時はぜひ訪ねたいと思います。
それにしても、黒姫で業を起こされた延命茶が、長野市・大門ばかりでなく、東京・秋葉原までも店を出されるとは、実に黒姫・信濃町の誉ではないかと思います。 二代目でさらに成長しているんですね。 因みに、今回も延命茶を寄付していただきました。

さて、休養のあとは再び買い物を済ませて、どっさりと積んだ荷物を宿舎である、六月地区の清明台へ運びました。
普段あまり使っておられない社員寮のようで、調理場の冷蔵庫やレンジなどが使えるか、また食器類の消毒など、おおかたのめどをつけて、本日の買い出しは終わりました。

それにしても、買い物は疲れます。 夜、9時に就寝し、翌朝5時まで熟睡でした。

今日の花。 山百合の一種なのでしょうか、ご近所の庭でホンドユリが咲いています。(赤い花はたぶんオニユリ)


2013年7月27日土曜日

野尻湖の花火を見る

例年、7月の最終土曜日には野尻湖で花火大会が催されます。
我々はあまり賑やかな所を好まないので、長年花火を見ることがなかったのですが、近所の方に誘われてから気になりだして、自分たちでも花火打ち上げ場所に近い観光船乗り場や船宿近くへ出かけていました。
でも、なかなか観賞に適した場所を確保するのは難しく、ここ数年は少し離れた国際村湖畔から見るようにしています。

今日はご近所さんに誘われ、湖畔の別荘で持ち寄りの料理で食事会を済ませてから、花火を観賞しました。 7時半に打ち上げが開始され8時40分頃に終わりましたが、今までは打ち上げの間にスポンサー名のアナウンスがあり、やや間延びした感じでしたが、今日は短いアナウンスのあと、続けて打ち上げていたようで、観客を飽きさせない工夫をされていたと思われました。
昔、箱根で花火を見たことがありましたが、箱根では打ち上げ音が山々にコダマしていました。 野尻湖ではそれほどコダマすることはありませんが、それでも湖面に映る花火が美しく、それなりに楽しめるものでした。

今日の日中は晴れていたものの、11時頃でしたか雨降りとなり、午後からは雷が鳴り出し、時に雲間で稲光が見えていました。
雨天決行であっても、今日の観賞は無理かなと思っていたら、夕方近くに雨はやみ、どことなく西の空が明るくなりました。
花火大会の間はやや無風状態で、花火の煙が漂ってしまい花火を隠してしまう場面もありましたが、概ね楽しく観賞することが出来ました。

石巻支援コンサート 二日目

石巻支援コンサートの二日目は、まずたくさんの児童が亡くなった大川小学校跡の見学と供養へ、裏山へ逃げた時の様子をうかがうことから始まりました。
校舎の裏が校庭であったのでしょうか、「銀河鉄道999」か宮沢賢治の「銀河鉄道の夜」を模したような絵が描かれてありましたが、あの絵は、亡くなった子どもたちの手に寄るものなのでしょう。
因みに、この際に助かった先生は自責の念にかられ、最後には自死されたと、我々の耳には届かない2次、3次被害が続いていたようです。


そして被災者住宅のにっこりサンパークへうかがい、組合長が津波当日のことなどを話して下さいました。 引率された吉村さんによれば、奥様やお孫さんが亡くなったことを初めて聞いたとのこと。 2年が経ち、やっとお気持ちの整理がついたのか、穏やかに話される言葉の端々に身につまされるものがありました。


海水がかぶった木々は枯れていました。

次に南三陸町の防災対策庁舎跡へ参り、さんさん商店街へ。 昨年来た時、こちらには来なかったのか、あるいは規模が小さかったのか記憶がなく、プレハブの土産店や食堂などがたくさんあって、限られた時間では全部を回ることができませんでした。


笹かまのお店で、1回500円で、ゲンコツが入るだけの大きさの穴が開いた箱の中の笹かまを取れた分だけ買えるというサービスに挑戦。 最高12個を取った方がおりましたが、普通に買うのと比べると、かなりお得な買い物というかお遊びでした。
ちょうどお昼でしたので、寿司店で皆奮発してウニ丼を食べましたが、我が家は土産の笹かまとウニ丼などで福沢諭吉さんが2枚も飛んでいってしまいました。



そんな買い物の間に、演奏者グループは貞山小学校でコンサートを開き、さらに午後からは我々ツアー参加者も加わって、門脇中学校でコンサートを開きました。
はじめにスライドで信濃町を紹介してからのコンサートでしたが、小学校は子どもたちにたいそう喜んでもらったそうです。 でも、中学校では日頃の疲れでしょうか、睡魔におそわれた子どもたちが多く見られました。
でも、今時の中学校って、あれほどまで管理されなければいけないのでしょうか? ヤクザか警察官のようだと思われるような、人相の悪い怖い顔をした先生が生徒の一挙手一投足に目を配り、こっくりしたり姿勢の悪い生徒に注意をしていました。
音楽を聞いて心地良くなるのは当然で、それでもいいと思うものです。 生徒はいつ先生から注意や罵声が飛ぶのではとビクビクしていたように思われました。 そこまでの管理は本末転倒で、もっと自由で生徒自身の自主性を重んじる教育環境であるべきではないかと感じた次第でした。
思い余ってツアー参加者の一人が(関西弁で)生徒に声をかけたので、生徒の表情に緊張がとけてほぐれた様子が見られました。


次に、牡鹿半島大原浜の再生中の古民家(Open JapanではIBUKIという古民家再生プロジェクトを展開中)を見て、今夜の宿に近い小渕浜で野外コンサートを開きました。 昨年、黒姫に来た、顔なじみの子どもたちがいたようで、最後には皆で校歌を歌っていました。


宿での夜の食事会には、地元漁協の役員さんが来て挨拶をされていました。 5月の一茶祭の際には、こちらのワカメを沢山送ってくださり、信濃町で販売したとのことでした。
宴の最後には、ツアーをコーディネートして下さったOpen Japanの吉村さんにサプライズの感謝の花束が贈られました。