お知らせ

お知らせ

*自戒を込めて-> テレビ(大手メディアを含め)はバカ箱ウソ箱
ニュースやワイドショーからは嘘を植えつけられるし、思考痴呆にもなります。

日本の政治や社会を、自分の眼で見て、自分の頭で考えるようにしたいものです。

「公共放送」と名乗っている局や態勢迎合の低俗局、大手新聞社等は時の政府になびくような番組や紙面作りをし国民を騙し洗脳しているのです。 「ゴミ箱」同様の「マスゴミ」情報は信用に値するものであるか、自分の頭で判断したいものです。

*ネットニュースにも、偏狭(偏狂)新聞社やテレビ局のものが掲載されています。 やみくもに信用しない、鵜呑みにしないことが大事ですね。

災害列島ジャパン自衛せよ!

人と防災未来センター

八木下重義ー地震予兆研究センター

*2012年6月、ブログ「続・黒姫高原はんぐろ日記」を開設し、自宅サーバで運用してきたブログ「黒姫高原・はんぐろ日記」の記事等をこちらへ移行しました。 2012年5月以前の記事に載せた写真等はおいおい移行しようと思っていますが、当面ブランクのままの表示となっています。 また従前から開いていたホームページ「黒姫高原・コム」は2015年1月に閉鎖しました。

*所有ドメイン名 kurohimekogen.com, kurohime.com, kurohime.info は順次放棄することにし、当ブログへの転送設定も停止しております。

*新聞の切り抜き等で拡大表示しても文字の判読が難しい時があります。 そのような場合は、切り抜き画像をパソコンにダウンロードしてから表示されると読みやすくなります。

*the world is coming to an end*



*お問い合わせメールは、kurohimekogen●gmail●comへ(●は文字を入れ換え、すべて半角で)

*↓時々、先日付の投稿があります。
 下へスクロールして直近の投稿を確認して下さい。

2014年10月31日金曜日

在りし日の三浦光世さん

作家故三浦綾子さんのご主人である光世さんが昨日他界されたとメールが届きました。

2000年頃からたびたび北海道を訪ねる機会があって、その折旭川まで足を延ばして、はじめて三浦綾子記念文学館を訪ねました。 その後、三浦綾子さんの作品を読みながら、その中に描かれた内容や綾子さんが言いたかったことなどを読み解いてくれる読書会という集まりがあることを知りました。
氷点、塩狩峠、泥流地帯、海嶺、道ありきなど古書店を周りながら著作を集め読んできましたが、森下先生らの解説を聞くと、また読み直さなければと思うことがしばしばあります。

そんなことがきっかけで2010年と2011年には、記念文学館が主催したツアーに参加し、光世さんのお姿にも触れることができました。
穏やかな笑顔を蓄えた、素朴なお人柄とお見受けし、ツアーのバスの中では唱歌がお好きだとか、爽やかな喉を披露して下さいました。

人生の悲喜交交を体験され、人としてあるべき姿を描かれた三浦文学の多くは、綾子さんと光世さんとの合作とも言えるでしょう。 お二人があって生まれたものだと思います。
ツアーで同道させていただいた時の写真をここに残しておきます。

2010年9月塩狩峠を訪ねる旅にて

六条教会で結婚式をあげた時の様子を話されていました。綾子さんが座ったらしい幼稚園生の椅子。


塩狩峠記念館にて

黒岳ロープウェイ駅での移動展の会場にて

前川正さんの写真を肌身離さず持っておられると話されている所です。

記念文学館に戻ってから著作にサインをされていました。

2011年9月 泥流地帯の旅

この時は台風であったか大雨になりバスは冠水した道路をさけ、泥流地帯の一コマを感じさせる旅でした。


昼食(ジンギスカン?)


上富良野の開拓記念館にて、吉田貞次郎村長の娘さんである清野テイさんと撮影。 この時のテイさんは聞き取れないほどの小さい声で話され弱々しいご様子でしたが、このあと間もなく亡くなられたと聞きました。


2014年10月29日水曜日

里の紅葉もそろそろ終盤?

いよいよ紅葉が里にも降りて来ていますが、今年は(も?)いい彩りになっていないようで、この春に大量発生したマイマイガに喰われたカラマツも新緑の時期が初夏にずれ込んだため、黄金色の紅葉にはもう少し時間がかかるようです。

2週間ほど黒姫を留守にしますので、今年の紅葉はこれで見納めと思われ、いくつか撮りためたものを載せておきます。

赤倉から関温泉に通ずる道から不動滝付近を見ましたが、ゆっくりと撮影する時間がありませんでした。 先日は赤倉から燕温泉に向かう道を上ってみましたが、トンネルで通行止めとなっていて、トンネルの先は崩落箇所が続いているようでした。
このあと燕温泉の黄金の湯に浸かってから惣滝を見ましたが、そこまで上がると紅葉はすでに終わっていました。

柏原の諏訪神社の杜。

古間神社

ブルーベリーの紅葉。 生け花に使うとかで、紅葉が付いた枝を出荷している農家があるそうです。

コマユミ。 花?、実?、種? 何と言えばいいのでしょう?

昨日の朝、初冠雪したと思われる黒姫山。

2014年10月28日火曜日

初冠雪かな?

今朝も冷たくて強い風が吹いていて、木枯らし◯号を思わせるような感じでした。
そして黒姫山の山頂付近を見ると、動いている雲の間から何気に白いものが見えたのでした。 霜か雪かよく分かりませんでしたが、確実に冬が間近に来ているのだという証拠でしょう。
ニュースでも北日本で積雪があったと報じているようです。



こちらは妙高山

2014年10月27日月曜日

りんごの名前入れ作業をする

金土日と、先週末は良い天気が続いていましたが、今日は一転雨となり、時に強い風が吹いて木枯らし0号を思わせるような冷たさを感じ、赤くなった葉っぱがいくつかひらひらと舞っていました。


昨日は飯綱町のりんご農家へ出かけ、来月中旬頃から収穫となるりんご(ふじ)に名前を付けるシールを貼って来ました。


ふじは既に今にも取れそうなほどに大きく赤くなっていましが、名前を入れるりんごには8月のお盆過ぎに袋をかけて、青いまま太らせていました。
袋の1枚目をやぶき、青いりんごの表面にシールを貼っておくと、マジックで書いた名前の所だけ青いままで、周りが他のりんごと同じように赤くなるのです。


急激な肌焼けを防ぐため、2枚目の黒い袋は数日かけておくそうです。
こちらは別の方がすでにシールを貼ったものでした。


来月中旬から下旬にかけての収穫が楽しみです。

2014年10月23日木曜日

久しぶりの、そして今年最後かもしれない紅葉を見る

やっと雨が上がって昼から晴れる予報であったので、近場の紅葉をたずねて来ました。 場所は、野尻、杉野沢、赤倉などで、用事があったので足早に駆け巡ったという感じでした。 たぶん紅葉鑑賞は今日で終わりになるでしょう。








2014年10月21日火曜日

荒尾梨(新高梨)が届く

この所、近隣の紅葉が楽しめる日は天気の良い18日と19日であったようで、昨日早朝は薄暗い日差しに赤茶けたような山々が見えていましたが、間もなく雨降りとなり、本降りではないものの今日も降ったり止んだりの天気でした。


そんな中、名前入りりんごの作業をするため、旧三水村を走っていたら大きな虹が出ていて、渋い雨が落ちるような湿った空気の日は作業に適さないと、結局日をあらためてすることになってしまいました。


今週末まで悪天候の予報なので、今週は紅葉を探しに巡ることは叶いそうにありません。
今日はすることもなく、畑の枯れた作物を片付けたり、草取りなどをしていました。

そして今日は、家内のいとこが季節になったからと熊本・荒尾産の荒尾梨を送ってくれました。
荒尾梨は新高梨(にいたかなし)という種類で、新潟の「天の川」と高知の「今村秋」という種類を交配したものだそうで、熊本県では「荒尾梨」として登録商標し生産・販売されているとのことです。

大きさは800g〜1kgで、物によっては1.5kgのものもあるそうです。 瑞々しく上品な甘さで美味しく、2人家庭では1個の半分で満たされてしまいます。
こんなに珍しく美味なるものをいただけるのも人の縁です。


2014年10月19日日曜日

JEJU平和祭2014のこと

被曝線量の基準値を上げて、福島は安全だと政府は欺瞞をし続け、除染作業から生じた放射線を含む瓦礫や泥などなどを全国に送り焼却処分し再利用。 このように国民を危険な目に合わせ、棄て置いているのが日本の今の政治ですが、九州電力の川内原発の耐震基準を今より上げ、再びまやかしの安全宣言をし再稼働につなげようとしているとのことです。

国の成り立ちは、そこに住み生きる住民が大本で、あのように棄民政治を展開し、再び日本の若者を戦場に送ろうとしている安倍政権にまっとうな能力があるとは到底思われません。 やることなすことが全て国民からの収奪、圧政で、それに便乗した官僚、経済界、マスゴミ、学者などが、欲得だけで勝手気ままな振る舞いをしているのが今の日本なのです。

かつて朝鮮半島や中国大陸を侵略して地元住民から収奪していた行為を、解放するための目的であったとし、また強制労働や性奴隷のために軍隊が強制徴用したことはなく、それは民間企業がやったことだと嘯くなど、過去の戦争の実態にベールを被せ覆い隠そうとしているのです。
戦争犯罪人を祀った靖国神社への政治家の参拝、憲法9条の形骸化、自衛隊を強化し海外へ戦争に出かける策に腐心、在日中国人や朝鮮人(戦後動乱を避けるために日本に住んだ人もいたが多くは日本軍の徴用による)を排斥する在特会、統一教会や創価学会、幸福などのカルト集団、戦前の態勢に戻そうとする神社本庁などなど。
国民を欺き、国民から収奪しようとしているのが、これらに関わる組織や者達でしょう。 加え、地震、津波、火山、台風、これらに伴う原発事故の危険性。 総じて日本という難破船はいつ座礁して沈没するか分からない状況にあるわけです。

そんな日本にあって宗主国であるアメリカは日本から金が取れればいいのです。 日本の愚かな政治家や経済界はアメリカ国債を買い、アメリカの旧型兵器を買って協力し(貢いで)、日本国民は少ない年金、弱体化した社会保障のもと、日々苦しい生活を余儀なくされているのです。

そんな状態にありながら、安倍を筆頭とした能力の無い、井の中の蛙と言える政治家達は、過去の栄華を連綿と夢見ているわけで、その結果の責任をどう取るのか明確な理解を持っていないのです。 そんな日本を世界から見たらどうでしょうか? 実に情けないというか、肩身が狭いというか、まともに海外の人々と話ができないように思われます。

そんな昨今にあって、今、韓国の済州島(チェジュド)では、日本、韓国、台湾、中国の若者達が集い、トルハルバンと一緒になって平和祭を行っています。
私達も2009年に参加したWalk9という韓国巡礼の旅を企画した若者たちが、東アジアの平和のために何ができるかを自問するために再びチェジュに集まっています。 日本の愚かな政治に諦観しか感じられませんが、若者たちが一つになって仲良くしようという、東アジアに平和をもたらそうという動きに一抹の希望が感じられます。

Jeju平和祭2014
http://jeju.peacefes.asia/ja/

JAPAN CHINA KOREA HAPPY

法王が戦争を批判するとき

日本語訳など詳細は、「私がローマで独りで始めたわけ」をお読み下さい。


2014年10月18日土曜日

「信州打刃物を活かした地域づくり」シンポに出かけた

昨日、MacのOSであるOS Xのアップデートが行わました。
前回に続いて今回も無料のアップデートです。 更新作業の時間はさほどかかりませんが、いくつかの設定がデフォルトに戻ってしまうのはちょっと困ります。
アイコンやデスクトップがiPhoneのiOSみたいな平面的なものになって、何か西洋人好みのOSになったかなという印象です。
Googleの各種サービスやFacebookなどと同じように、利用者の便利が喧伝されている反面、OSやサービス提供側(Apple)の都合や種々の情報入手という提供側(Apple)の都合が加わっているのかもしれません。



さて、今朝はかなり冷えて真っ青な空に黒姫山の山麓を紅葉が駆け足で降りているのがわかりました。


そして我が家の菜園の菜っ葉には霜が降りていました。 初霜で気温は2度〜4度ほどで地表は0度前後あったと思われます。



一日中、良い天気となりました。
今日は、信濃町観光協会主催の黒姫山登山会が実施されていましたが、紅葉とともに山頂から俯瞰された風景に参加者は堪能されたことでしょう。 キャンセルしたのがちょっと残念でした。

また、野尻湖ナウマンゾウ博物館付近には、クラシックカーが100台ほど集まって、芸能人などが見栄を張っていたそうですが、詳細はわかりません。

そして、夕方、ラボの若い学生さんでしょうか、ハロウィンの装束に身を固めた集団が柏原の交差点をわたっていました。

午後からは、家内は一茶記念館の講座へ、私は「信州打刃物を活かした地域づくり」シンポに出かけてきました。
一茶記念館の今回の講座はタイトルほどのことはなく、かなりの参集者が残念な思いをしていたようです。 一茶記念館は毎年4〜5回講座や講演を行っていますが、満足ができる時がある反面、講演者は何を言いたいのか分からないということもあります。
小林一茶を顕彰する記念館なのですから、講演者との打ち合わせ、講演の内容の精査などをもう少し事前にやってほしいと思います。

そして、私が今回出かけた「信州打刃物を活かした地域づくり」のシンポジウムですが、冒頭に講演された国立歴史民俗博物館名誉教授浅岡康二さんのお話は大変興味深く、打刃物が農業や林業、養蚕などと深い関わりがあったことがわかりました。




そして打刃物、野鍛冶に関する調査や研究をされている研究員の方々がそれぞれの立場で、研究の途中経過を発表されていました。


今回は、信濃鎌の広がりを示しておられましたが、民俗学的見地から全国に亘る鍛冶職を調べ、その繋がりの中で、我々の祖先がどうやって生きていたか、そんな歴史の中心点に信濃町があれば、もっと町の活性化や広がりにつながるのではなかろうかと思いました。

平成5年に亡くなられた中村与平さんは、奥さんのフデさんと一緒に人力で打刃物を生産されていて、当時、付近の鍛冶職はほとんど電動化していたので、手作業で刃物を作る手立てを知る人はほとんどいなかったようです。

こちらは昨年5月に中村家の一般公開が行われた時に撮ったものです。





村のかじや友の会からのお誘い