お知らせ

お知らせ

*自戒を込めて-> テレビ(大手メディアを含め)はバカ箱ウソ箱
ニュースやワイドショーからは嘘を植えつけられるし、思考痴呆にもなります。

日本の政治や社会を、自分の眼で見て、自分の頭で考えるようにしたいものです。

「公共放送」と名乗っている局や態勢迎合の低俗局、大手新聞社等は時の政府になびくような番組や紙面作りをし国民を騙し洗脳しているのです。 「ゴミ箱」同様の「マスゴミ」情報は信用に値するものであるか、自分の頭で判断したいものです。

*ネットニュースにも、偏狭(偏狂)新聞社やテレビ局のものが掲載されています。 やみくもに信用しない、鵜呑みにしないことが大事ですね。

災害列島ジャパン自衛せよ!

人と防災未来センター

八木下重義ー地震予兆研究センター

*2012年6月、ブログ「続・黒姫高原はんぐろ日記」を開設し、自宅サーバで運用してきたブログ「黒姫高原・はんぐろ日記」の記事等をこちらへ移行しました。 2012年5月以前の記事に載せた写真等はおいおい移行しようと思っていますが、当面ブランクのままの表示となっています。 また従前から開いていたホームページ「黒姫高原・コム」は2015年1月に閉鎖しました。

*所有ドメイン名 kurohimekogen.com, kurohime.com, kurohime.info は順次放棄することにし、当ブログへの転送設定も停止しております。

*新聞の切り抜き等で拡大表示しても文字の判読が難しい時があります。 そのような場合は、切り抜き画像をパソコンにダウンロードしてから表示されると読みやすくなります。

*the world is coming to an end*



*お問い合わせメールは、kurohimekogen●gmail●comへ(●は文字を入れ換え、すべて半角で)

*↓時々、先日付の投稿があります。
 下へスクロールして直近の投稿を確認して下さい。

2014年11月30日日曜日

いよいよ霜月から師走へ

今月に入って霜が降りたのは3日ほどであったでしょうか、暖かい日が多く、それでも晴れた日が少なく、どことなく冬の暗い空を思わせる日が続いていました。
野沢菜を漬ける時期になると寒風が吹いて、お菜洗いに水の冷たさを感じるものですが、今年はそんな日はありません。
27,28日と快晴の日が続いた後は雨降り、そして11月最後の今日は晴れて、日中の外気温は18度、日没後でも12度もあり、外仕事をするのにTシャツ1枚でも寒くありませんでした。



この所の温かさで黒姫山の中腹まで降りてきた雪はとうに消えてしまい、戸隠や妙高でかろうじて確認できるほどとなり、結局今月は里への雪降りもありませんでした。
天気予報では明後日2日頃から雪予報になっていますが、どれだけ降ってくれるでしょう? 毎年この時期に思うことですが、ゲレンデ営業やスキー客を相手に商売にされている方々は気が気でないでしょう。



2014年11月26日水曜日

大根の煮物が美味しい

この所、ご近所から大根やら白菜やら、またキャベツなどをいただくことがしばしばで、一度に消費できないので、発泡スチロールの大きな保存箱を入手して冬の間鮮度を保ちながら使おうと思っています。

その中で、今一番美味しいのは大根の煮物。
大根を洗って皮をむき、太めに切ってダシと一緒に鍋に入れて煮るだけなのです。 チクワなど練り製品がいれれば入れますが、大根だけでも十分に堪能できます。


これまで我が家の薪ストーブでは煮炊きができないものと思っていたのですが、薪の焚き方が悪いとストーブ屋さんから教えていただき、以降は毎日のように薪ストーブで煮物をしています。 時にシャトルシェルを使うこともありますが、ストーブの熱だけで十分のようです。


夕食はこの大根の煮物やキャベツのサラダが中心で、お米など炭水化物はほとんど口にしていないのですが、体重は一定値からなかなか下がってくれません。 逆に、下がらないのは体にとって一番良い状態なのかもしれません。

2014年11月25日火曜日

クリスマスリースを作る

あと一月でクリスマスがやって来ます。
クリスマスといっても日本人、否、世界中でもホリデーシーズンだとお祭り騒ぎをし、ディスカウントセールが楽しめる季節だという認識しかしていない人が多いでしょう。

子供達が独立した我が家では、家内がクリスマスのパンを焼く程度で、その雰囲気を細々と味わっていますが、昨日、家内は友人と神山国際村へ行きリースの材料を入手して来ました。

リースの材料といっても、杉の枝とヒカゲノカズラの2つだけです。

杉の枝を丸く輪にして細い銅線でしばります。 そこにヒカゲノカズラの葉を差していくと、銅線は徐々に隠れていきます。 そのヒカゲノカズラですが、シダ類だそうで葉の青さが新緑時のような鮮やかな色をしています。
そこに百均で買った飾り、黒姫のゲレンデで採取したサリトリバラの赤い実を付けてみました。
クリスマスツリーのオーナメントを付けてみようかなと思ったのですが、しつこくなるので、このまま飾っておこうかなと話している所です。






2014年11月24日月曜日

信濃町の町長選は新人が当選

先週18日に告示された信濃町の町長選は、三期目をめざす現職松木氏がやぶれ、新人の横川氏が当選するという、約1300票差であったという結果となりました。

当方は信濃町の有権者ではありませんので、選挙広報やチラシなどは巡ってこず、全くの蚊帳の外なのですが、地元とのお付き合いの中で見聞きすることが多く、横川氏とも面識があって、その結果が気になっていました。
でも当日開票されるはずが、誰からも電話がなく、ひょっとしたら落選したのではないかと杞憂され、信濃町には再び変革がないのかなと思っていた所、今朝起きて役場のページを見たら、投票結果が掲載されていたのでした。

(役場サイトから)
(信濃毎日新聞サイトから)

私達が25年前に信濃町にやってきた時、まだ遠くから住まいを求める人が少なく、当時の町長にお会いして役場の職員の方が適当な土地がないか探してくださるなどお世話になりました。
その後、町長の存在に触れることはなく、H町長の時、税金の算定に疑義があると役場に申し入れに行き、町長の真意のない対応に気持ち穏やかでないものがありました。
そのH町長に変わって当選したのが松木町長でした。 父親も三期町長を務めたことがあるということでしたが、初登庁の時、ご自分の軽自動車で来て、企業経営の手法を役場に取り入れると仰っていたと、自分としては好感を持っていました。

微かながら町政への期待があったのですが、その後「(役場の職員は?)大学出でなければ」という発言をされていると聞き、何て浅はかな考えをする人だろうと感じたのでした。
大学を出ていなくても自己研鑚して有名になっている方はたくさんいるし、大企業の重役などに上り詰めている人も多いのです。

役場の中のこと、外のこと、松木町長にかかわる伝聞を耳にするにつけ、リーダーとしての能力や認識があるのか疑問に思えて来ていましたので、横川氏の登場を願っていました。
前回の選挙では、三つ巴で票が分散してしまい、残念ながら横川氏は落選してしまいましたが、あの時であっても互角であれば当選していたでしょう。
そういう意味では、松木町政二期目の4年間は無駄に過ぎてしまったと思われます。

2010年の選挙チラシから


今回(2014年)の選挙チラシから


松木氏は、前回選挙の公約に対する決算、反省、総括など何もせずにいたようで、ワイナリーで知られている飯綱町にあるサンクゼールが信濃町に倉庫を作ったということを企業誘致だと称して、ご自分の実績のように盛んに言っていましたが、呼び込みには何らかの財政支出があったようで、数名の臨時雇用はあったとしても、町としてどれだけ効果があるのか精査されていないように思われます。 穿った見方をすると、信濃町はサンクゼールに利用されているのかもしれません。

加え、選挙チラシでは、サンクゼールの小売店・直営店を町内に設置願うとか、またどぶろく特区を作るのだとか、駅前に一茶像を作るのだと、思いつきとしか思われないことを描いています。(公約ではなく抱負なんですね)
将来の信濃町をどんな姿にしたいのか、子供達をどうやって育てるのか、若者の家庭の姿、高齢者の生活、人口減少、過疎化が進む中でそれぞれをどういう形にすれば良いのか、そういったビジョンといったものが全く無いのです。

町民にとって大きなテーマである信越病院の存続、建物の建替えなどについても展望や青写真がないまま、今年中には折角招聘した医師2名が退職するとのことです。 建物以上に医師や職員のマネージメントは大変重要なはずであることをお分かりでない。

さて、町政を知り尽くしておられる横川氏の4年がこれから始まるわけですが、行政の専門家であったとしても、公約に掲げた諸々が順調に進められるとは限りません。 町民が行政を一方的に任せるのではなく、常に状況を把握し、住民目線から外れるようなことがあれば、それを即座に訴えるような仕組みがあってほしいと思います。

まず、現町長が設置した副町長という職の必要性を再考していただき、不要なものであれば即座に廃止すべきでしょう。 また町議会議員の定数はずっと14名ほどのようですが、人口がどんどん減少する中で、定数の削減も必要でしょう。
副町長の廃止と議員定数の削減で役場人件費のかなりの圧縮になろうと思いますし、若手職員の活用さらなる雇用も可能となるはずです。

田中元県知事には色々な問題がありましたが、執務室を県庁一階にガラス張りに設えたり、県内各地で車座集会をたびたび行い、住民の声を聞こうとしていました。
同じように町民の声を聞き、それを町政に反映して行こうという姿を常に持って、新任の横川氏がこれからの町長の職にあることを願っています。

昨日、投票日当日の午後、横川氏の選挙事務所に酒酔い運転の軽トラが飛び込んだそうです。 新聞記事によると選挙とは関係ないということですが、町内柏原に住む60歳代の人ということで、劣勢と聞いた相手陣営の支援者ではなかったかという見方もできるかもしれません。
とにかく、今回の選挙で町民の方々が賢明な判断をされたことで、これからの信濃町に希望が湧いて来ました。 ありがとうございました。

2014年11月22日土曜日

久々の震度5強の揺れに飛び起きました

(11/23追記)
昨日の地震に伴う余震はたびたび起きていますが、大きな揺れでなく短時間に終わっています。 信越線は朝7時半頃から運転を始めているようで、通過列車が見えています。
町内でも被害が発生しているようで、町役場のページなどに詳細が掲載されています。
信濃町役場
信濃町役場Facebook  (追記了)
 
今日は快晴の暖かい日和で、飯綱町の三水や横手の野菜直売所ではリンゴ祭りが行われていて、駐車場にあふれるほどに車が止まっていました。
我が家は三水のあるリンゴ農家へ出かけ、「オーナーの木」の収穫をして来ました。 そんな疲れと夕食の酔いもあってうたた寝をしていたら、10時8分地震で飛び起きました。

信濃町の震度は5強とのこと。
町の広報スピーカーからは、「震度5強」と「灯油タンクの漏れに注意」などが聞こえていました。

地震発生後、すぐに停電がありましたが、数分で復旧。

我が家では棚の物がいくつか落ちましたが、特別に被害はありませんでしたが、家によっては電気製品などが倒れたりしているようです。

今夜は、懐中電灯などを備え、服を着たまま寝ようと思ってます。

2014年11月21日金曜日

今朝も冷えました、長野市でも零下になったそうです

今朝の外気温は昨日と同じマイナス3度ほどでしたが、昨日よりさらに冷えが増したようで、一面の白さが増えて畑の霜も多くなり、足を踏み入れるとザクザクと音がしていました。 そしてカメラを持っている手は冷たさで痛いほど。
でも、少しでも日差しが上がってくると屋根の霜が溶けてポタポタと雨だれのような音がして、日中は暖かい日よりとなりました。











2014年11月20日木曜日

渋柿の皮を剥く

今朝の気温はマイナス3度。
遠くに見える畑などが全面白くなっており、いよいよ里にも初雪かなと思ったら、この冬一番の冷えで霜がしっかりと降りたようで、8日の朝に次ぐ光景でした。
早速、カメラを持って霜の付いた枯葉などを被写体にしましたが、思わぬ写真が撮れることがあります。 以前、11月3日に落ち葉美術館が開かれ、見過ごされている落ち葉の命が復活したような絵画を見ることができましたが、同じような思いが感じられる日でした。





そして、今日は干し柿作りをしました。 皮むきはちょっと緊張する作業でした。
ここ数年、ご近所から干し柿をいただいていたのですが、我が家でもトライしてみようと思ったのです。 以前にもやったことがあるのですが失敗していましたので、今回の結果がどうなるか分かりません。 毎日乾燥の具合をチェックしながら、よく揉むことが大事なようです。



2014年11月16日日曜日

今日の山々

今朝の気温は2〜3度ほどと、そう冷えてはいませんでしたが、日差しが弱く、山々は雲に隠れたり現れたりしながら、午後からはほとんど見えなくなりました。
薄雲になったタイミングで山へ向かって撮った写真が以下のもの。 黒姫のゲレンデを見るとクワッド降り場の下まで白くなって来ているようです。




2014年11月14日金曜日

今朝の外気温はマイナス1度

北日本は寒冷前線の南下で冷えるとの予報でしたが、今朝は我が家の周辺でも久しぶりに気温がマイナスになりました。
でも、空気中の湿度が少なかったせいか霜柱はそう多く見られませんでした。 8日、ブルーベリーの赤い葉などに白い霜が付いていましたが、今日はそういう現象はありませんでした。





今日は午後から用事があって長野へ出かけ、その帰りに1ヶ月間のリフォームの後、今日から開店したスーパーのツルヤ徳間店に寄って来ました。
久しぶりの営業ということで、駐車場は満杯に近く、たくさんのガードマンが交通整理をしていました。 店内にあったトイレは駐車場の一角に移動し、店内が広くなった感じでしたが、商品棚の配置などは従前とほぼ同じようでした。
モヤシ9円、大根59円?、などと記念セールで廉価なものがあったようですが詳しいことは分かりません。
信濃町内には第一スーパーとエーコープのスーパーマーケットがありますが、それぞれ特長があるようで、これにツルヤや北長野駅のJCなどを加え、値段や品質などの点からどの品物が消費者にとって一番良い店なのか、自分達なりの認識を持つことが大事だなと思っています。

2014年11月13日木曜日

冬囲いの作業が終わった

今日は朝のうち細かい雨が落ち、昼になると晴れていましたが、冷たい風が吹いて落ち葉が舞っていました。
早朝、一瞬の朝日にちょっと幻想的な景色が見られましたが、直ぐに普段の風景に戻ってしまいました。 そして仁の倉方面にかすかに虹が見えました。



雪雲は黒姫山の中腹まで降りていたようで、昼ごろになって雲がうすくなってくると、どことなく雪で白くなっているように見えました。 たぶんゲレンデの休止中の第六降り場まで降ったようです。


明日、明後日の天気予報に霙もしくは雪のマークが付いていたので、早く雪降りに備えた方がいいであろうと、畑のブルーベリーや庭木などを縄で縛ったり、窓辺に冬囲いを置いたりしました。
車のタイヤはすでにスタッドレスに変えているので、これでほぼ雪に対する備えは終わりました。



夏は所狭しと作物が植わっていた畑は収穫を終えて生り物がほとんどなくなり、我が家の菜園はこんなにも広かったのかなという印象です。 そんな片隅でいま白菜を干しています。 キムチ漬けを作るようです。


畑の片隅をひょっと見たらラズベリーの実が残っていましたので、早速収穫してハックルベリーと合わせ家内はジャムを作っていました。


コマユミの種子はだいぶ落ちてしまいましたが、まだまだ綺麗な色を楽しませてくれています。


これでいつでも雪が降っても大丈夫ということです。
因みに、ここ数年、里に初雪が降って日の写真を載せてみました。 これらを見ると11月も15日を過ぎると雪はいつ降ってもおかしくないと言えるでしょう。

◯2007年11月19日、一茶忌の日で小丸山公園が真っ白になっていました。

◯2008年11月22日、信越本線開通120週年のイベントで雪の中をSLが走りました。

◯2012年11月16日、雪囲いが済んでいないのに雪が降ってしまいました。