お知らせ

お知らせ

*自戒を込めて-> テレビ(大手メディアを含め)はバカ箱ウソ箱
ニュースやワイドショーからは嘘を植えつけられるし、思考痴呆にもなります。

日本の政治や社会を、自分の眼で見て、自分の頭で考えるようにしたいものです。

「公共放送」と名乗っている局や態勢迎合の低俗局、大手新聞社等は時の政府になびくような番組や紙面作りをし国民を騙し洗脳しているのです。 「ゴミ箱」同様の「マスゴミ」情報は信用に値するものであるか、自分の頭で判断したいものです。

*ネットニュースにも、偏狭(偏狂)新聞社やテレビ局のものが掲載されています。 やみくもに信用しない、鵜呑みにしないことが大事ですね。

災害列島ジャパン自衛せよ!

人と防災未来センター

八木下重義ー地震予兆研究センター

*2012年6月、ブログ「続・黒姫高原はんぐろ日記」を開設し、自宅サーバで運用してきたブログ「黒姫高原・はんぐろ日記」の記事等をこちらへ移行しました。 2012年5月以前の記事に載せた写真等はおいおい移行しようと思っていますが、当面ブランクのままの表示となっています。 また従前から開いていたホームページ「黒姫高原・コム」は2015年1月に閉鎖しました。

*所有ドメイン名 kurohimekogen.com, kurohime.com, kurohime.info は順次放棄することにし、当ブログへの転送設定も停止しております。

*新聞の切り抜き等で拡大表示しても文字の判読が難しい時があります。 そのような場合は、切り抜き画像をパソコンにダウンロードしてから表示されると読みやすくなります。

*the world is coming to an end*



*お問い合わせメールは、kurohimekogen●gmail●comへ(●は文字を入れ換え、すべて半角で)

*↓時々、先日付の投稿があります。
 下へスクロールして直近の投稿を確認して下さい。

2014年12月31日水曜日

大晦日の夜10時、ただいま吹雪いています


朝、外気温は0度でしたが、室温は高くて早くに目が覚めてしまいました。
早朝、除雪ブルが来ていましたが、積雪量はそう多くはなく、除ける雪は少なかったです。

日中曇っていましたが、昨日まで郵便局や銀行前に混雑していた車は少なくなり、いよいよ師走になったのかなという感じでした。
孫娘に天望館の美味しいソフトクリームを食べさせようと出かけたのですが、何と今日と明日は休業日。 諦めて帰って来ました。

そして、夜10時、間もなく2015年が訪れるという時間、外は吹雪いて雪が舞っています。


2014年12月28日日曜日

今朝はマイナス15度まで下がりました

今朝はこの冬一番の寒さとなりました。
リビングの温度は12度、トイレは0度、外気温はマイナス15度で、結露したサッシには白い氷がついていました。


水道管が凍らないように凍結防止帯の電源を入れていたのですが、一部凍ってしまいお湯が出ず、天井裏の蓋をあけて灯油ストーブの熱をしばらくあてていたら、そのうち通りました。
ボイラーの電源を切って、蛇口をわずかにあけてチョロチョロ水を流しておくべきだったと、あとで反省。

でも、冷えた分、一日中雲のない晴天でした。



2014年12月27日土曜日

今夜はかなり寒じそうです

早朝十数cmの積雪がありましたが、朝早くから晴れて来て、道路の雪はどんどんとけていました。
昨日に続いて、孫娘はスノーパークでの特別スキーレッスンに出かけました。
昨年まではソリ滑りの速度にも恐れを抱いていましたが、今回のレッソンで、スキーの楽しさを少し味わったようで、少し成長したかなという印象です。


午後、家に戻ってからは畑に積もった雪でダルマさんを作ったり、新雪に体を埋めてみたりと、雪と戯れていました。

晴れの天候は夜まで続いていて、夜10時の温度計はマイナス9度〜10度を示しており、家の中に設置した水道栓が凍らないように凍結防止帯の電源を入れました。
明朝はかなり寒そうです。

2014年12月26日金曜日

ちょっと早い年越し蕎麦

孫娘をスノーパークでの特別スキースクールに送ってからの帰り道、黒姫駅近くの踏切をわたっていたら、除雪車が見えました。
同じ信越線でも上越辺りですと雪が多く、しかも線路際に集落が少ないのでしょう、大きなラッセル車が雪を除けているようですが、黒姫駅で見る除雪車は意外に小さい。
大量に除雪するのではなく、現場の状況によって色々な対応ができるような機能を持った除雪車が配備されているのかもしれません。


黒姫駅の駅舎の屋根を見たら作業員が待機していました。 朝10時台は通過列車がないので、その間に駅舎の雪を除けようということなのでしょう。


そして家内が親しくしている方から蕎麦を打ったと連絡をくださり、夕食はいただいた蕎麦と野沢菜漬けを堪能。 実に美味しかった。
能書きの多い蕎麦屋はいろいろありますが、町内の食文化を伝えるために活動を永年されてきて、年季の入った方が蕎麦粉の見立てから始まって打つと、こんなにも美味しいのかなと、実に感謝です。

2014年12月24日水曜日

Youtubeのクリスマス・ソングであそぶ

今年もあと一週間を残すのみとなり、何かと気ぜわしい日々となりました、と書いて、我々が何で気ぜわしいの?と自問しているクリスマス・イブの日となりました。

大雪の数日のあとは、暖かい日差しの日もあって、里の雪はどんどん解けているようで、道路はほとんど乾いています。
暮、正月となると、どこの家庭でも年越し料理や正月料理に余念がないことでしょう。
我が家は二人だけですが、雪遊びを楽しみにしている子供達の来訪が予定されており、どんなメニューにすればよいか家内は日々腐心し、出かける都度にスーパーをのぞいています。

町の広報誌「しなの」今月号には住民アンケートで買い物をする場所として町内ではなく「長野市」と回答された方が58%もおられる由。
我々もなるべく町内のお店で購買しようと思うものの、目的とした品物が揃わないとか、品質や価格を考慮するとどうしても町外に出てしまうことがあります。

町外でいちばん良く行くスーパーはツルヤ徳間店でしたが、先月休業し改装してみたら、ツルヤの良さがなくなり、普通のスーパーになってしまったという感触です。
そこで、これまで入ったことのないスーパーはどんな品揃えかな?と、ウインドウショッピングをして、その店の経営の仕方のようなものを感じ取るようにしています。 増税や便乗値上げなどに対処するためには、「良い物を安く買う」という努力が消費者には必要でしょう。

そんな中である店で見つけたのが、「黒姫高原牛乳」。
黒姫高原牧場で採乳した牛乳は道の駅「天望館」などで瓶詰めの「うまい牛乳」として販売されていますが、それに匹敵する、美味しい甘みのある味がしていました。
 ただ製造元が安曇野ですので黒姫高原で採乳したといっても他地域の牛乳と混ざっている可能性はあるかもしれません。


さて、今日はクリスマスイブ。 日本、否、世界中でクリスマスの意味を考える人達はほんの一握りで、西洋から来たお祭りだと、会社でも家庭でも大騒ぎをするだけの日なのが現実なのでしょう。


世の中から隔っている身としてクリスマスの雰囲気を味わう一番は、クリスマスの音楽を聞くことですね。
Youtubeを見ていたら、色々なクリスマス・ソングが掲載されていて、それも一曲だけでなく1時間ものから8時間ものまでありました。

3 Hours of Christmas Music Classics and Holiday Scenery 

でも、Happyな人ばかりではないと、この世の現実を正視するべきですね。
John Lennon -"Happy Xmas (War Is Over)"-Offical Video-HQ

こちらは「去年のクリスマス」を歌った歌だとかで、あまりメッセージは無さそう。
WHAM! - LAST CHRISTMAS

だいぶ旧いけど、Nat King Coleの甘い歌声が一番ホットさせてくれるかな?
The Christmas Song (Chestnuts Roasting On An Open Fire)

同じビートルズの仲間でも、こちらはただクリスマスを楽しみたいという曲のようです。
Paul McCartney & Wings - Wonderful Christmas Time

2014年12月21日日曜日

所有ドメイン名を放棄する予定

昨日の信濃毎日新聞Webには、「北しなの線 長野ー妙高高原 上下各2本増のダイヤ案」という記事が掲載されていました。


これによると、長野発の下り始発電車が1時間も早まり、6時過ぎには黒姫駅を通過するようです。
北陸新幹線全面開通で、長野〜妙高高原間は第三セクター化され「しなの鉄道」となり、これまで信濃町内の「古間駅」が無人駅となっていましたが、「黒姫駅」も職員が常駐しなくなるそうです。 たぶんパートなどの臨時職員はおるのでしょうが、来年3月14日以降、JR東(長野新幹線)の乗車券をどこで入手するのか、ちょっと不安な感じもします。 でも本数の増は嬉しいですね。

さて、黒姫にやってきて25年。
黒姫での生活を知人などに知らせようとホームページ作りに着手し、2000年には、kurohimekogen.comというドメイン名も入手し、パソコンでホームページ作りもしてきました。 しかし、所詮、自前サーバは不安定でなかなか十分なページ作りができませんでした。
そのうち無料ブログが一般的になり、当方も色々問題はあるにしても、自前よりは得策であろうとGoogleのBloggerを利用して来ました。

また、Googleなどのネット検索機能が増すにしたがい、ホームページやブログの場所を特定するアドレス(あるいはURL、ドメイン名)そのものがあまり意味を持たないように思われて来ました。

 特定のドメイン名を有するためには管理会社に管理料を支払わなければなりません。
固有のドメイン名は会社などの組織であれば意義があるかもしれませんが、個人にとってはそれほど意味を持ちません。

そんなふうに考え、これまで維持してきた黒姫に関連したドメイン名を今回放棄することにしました。


すでに、黒姫.com 黒姫高原.com という日本語ドメイン名を捨てました。

そして、来年に期限が来る上掲のドメイン名も放棄するつもりです。 もし利用される方がおりましたら予約されるか、事前譲渡してもいいかなと思っています。


2014年12月20日土曜日

ゲレンデ営業初日は雨に祟られてしまったようです

大きな雪降りの数日が終わって、昨日は晴れて除雪日和となり、今日も午前中は日差しが出たりして雪片付けにはいい日でした。
明け方の黒姫のゲレンデでは、スキー場作りのピステが働いていたようで、ヘッドライトの明かりが冬のホタルのように見えていました。 この所の大雪で、一帯のスキー場は本日予定通りに開業できたことでしょう。



しかし、午後からは雨模様となって夕方には本降りとなってしまいました。
夕方はスキー客で混むであろうと、少し早めに妙高の温泉へでかけたのですが、駐車場は警備員がいて交通整理をするほどに満杯で、風呂も若者でごった返していました。
ツアーバスも来ていたようなので、これからパスを使うシルバー世代は、もう少し曜日と時間帯を考慮しなければと思いいたった次第です。


2014年12月18日木曜日

雪除け作業で筋肉痛が残りそう^^;

(追記12/21)
下段に掲載した安倍晋三の寿司友の写真がわかりにくいので、別途入手したものを再掲しました。
 安倍はアメリカ(ユダヤ資本、ロスチャイルド等)の太鼓持ちであり提灯持ちであって、大手マスゴミなど彼ら有象無象は安倍の太鼓持ちであり提灯持ちなのです。
国民を騙す張本人であることを自覚すべきでしょう。
(追記了)

読売新聞の世論調査で、今回の総選挙での自民党圧勝を「他党よりまし」65%と出たそうです。
読売やサンケイの調査となると、やっぱ、ツバをまゆに付けたくなりますけども。


もしこの調査が事実だとすれば、自民党に投票した有権者のほとんどが、安倍晋三が何をしようとしているのか、安倍の裏に隠れている影武者の意図は何か、そういったことの精査をしないまま無為に投票所へ向かっていたように思われます。

確かに野党、特に民主党の不甲斐なさが感じられますが、民主党や共産党が席数を増やしていたという点から見ると、あながちそうとも言えません。
これまでの幾度かの選挙と同様に、漠然と「寄らば大樹」だと、盲目的に投票していた人が多かったのでしょう。 そういうことからすると日本の有権者のほとんどは日本の現状や自民党が何をしようとしているのか、真剣に考えたことがないように思われます。

こんな写真を見つけました。
選挙後、安倍は大手マスゴミの中心人物の労をねぎらうため会食を共にしたようです。
ということは大手マスゴミは自民党のプロパガンダ、宣伝部隊でしかないのでしょう。
政治論争が好きな方はテレビの時事放談をよく見るでしょうが、そういった映像の中で彼らが率先して視聴者を洗脳していることが、こういうことからも伺える分けです。

さて、この所の強い低気圧の影響で全国的に不安定な天候が続いているようです。
大雪で交通が遮断されたというニュースもよく聞きます。


20数年前、私が信濃町に向かう途中、飯綱町(当時の牟礼村)の国道の「小玉の坂」で同じように立ち往生しました。 当時はノーマルタイヤにチェーンを巻くことが多く、大型車が坂の途中で上れないと分かり、チェーンを巻く作業をあちこちで始めていたので、結局後続の車は止まるしかなかったのです。
仕方なく車中で仮眠。
早朝、警備にあたっていた警察官に起こされ発進し、信濃町に来ると住まいに通ずる道路の雪は腰高まであり、除雪ブルの作業真っ最中で、作業が終わるまでしばらく待っていました。

今回の雪はそこまで多くなく、現在は高速道路がつながり、スタッドレスタイヤの普及で立ち往生することはありません。
でも、信濃町のここ一週間の積雪量は1mほどにはなっているでしょう。
新潟県側の津南では積雪2mを越えているそうですし、信越線の直江津方面は今日も不通であったらしいので、大雪で難渋している地域は多いようです。 それと比較すると信濃町はまだ生活に支障はないようです。

我が家では昨年から玄関前に農業用のビニールシートを雪除け用に吊るしていますが、もしこれがなかったら、玄関のドアーが開かないほどの積雪になっていたと思われます。
昨夜は強風が吹き、吹雪いていて、未明には2〜3度ほど短時間でしたが停電していました。
朝、窓辺から見る車庫の屋根に積もった雪は50cmを越えているようで、朝食後、スノーダンプで除雪作業を開始。 作業は昼になっても終わりませんでした。


昼になって青空が見え出し、日差しも出たので、大雪もそろそろ終わりかなと思いきや、間もなく曇って再び雪が降っています。
夜8時になっても降っていますので、これが明日の朝まで続くと、疲労が残ったまま再び除雪作業をしなければいけないかもしれません。


(追記12/20)
17日と18日の信濃毎日新聞の関連記事を切り抜きました。











2014年12月17日水曜日

クリスマス・ヒム (by The Piano Guys)

強烈な低気圧の影響で、北海道などでは大雪や強風、高潮の被害が起きているようです。
ここ信濃町では、朝から雪が降り相応の積雪にはなっていますが、早朝そして日中に除雪ブルが来てくれていて、生活に支障が出るような状況ではありません。

風はほとんどなく、強烈な降りにはなっていませんが、間断なく降っているので余分な外出は控えています。
信越線は黒姫から新潟県側が不通となっているようで、たぶん妙高から上越にかけてはかなりの大雪になっているのでしょう。

さて、

制作に1万時間! 1000人を超える人が歌う『クリスマスの聖歌』に鳥肌が止まらない( grape -「心」に響く動画メディア)

というページを見つけました。
間もなくクリスマスがやって来るというので、Youtubeで公開されているクリスマス曲を記事にしたもののようです。


「He is the Gift」と題してキリストの誕生そのものが聖なる贈り物だと歌っているようです。


ThePianoGuysのページから音源のダンロードもできるそうです。

ただ、これらの曲を提供しているのはモルモン教団なんですね。 ここがちょっとひっかかりますが、まあ、いい曲が聞けるのだからということにしましょう。

私がクリスマスあるいはクリスマス・ソングというものを知ったのは、ミッション系の中学に入ってからで、学校を経営している修道院が昔皇族か貴族かが使っていたような、神社仏閣に似た回り廊下のある豪壮な建物にあって、そこでクリスマス会が催された時であったと記憶しています。

現在と同様にほとんど雪が降るような地域ではなかったので、ホワイトクリスマスという情景を体験したことはなく、ただ24日深夜のミサに出るようなことはありました。
とにかく寒くて、その寒さが故に特別な日だと思われたのでした。

ここ信濃町には、日本キリスト教団の信濃村教会がありますが、日曜日の通常の礼拝はあるものの、キリストが誕生したという24〜25日にかけての特別な行事(ホワイト・クリスマス)はないようです。



2014年12月15日月曜日

もっと雪よ降れ (^_^;)

土日にかけて降った雪は、その後小康状態というか、わずかにパラパラしていて、今朝から降りだした雪は昼頃には止んであまり積もりませんでした。




信濃毎日新聞のネットニュースによれば信越線に遅れがでていたものの、新潟県側での大雪に原因があったようです。


毎日わずかな積雪でもスノーダンプで運び出して畑に捨てています。 冬休みになったら孫達がやって来るかもと、除雪作業をしながら雪の滑り台ができればと思っているからです。
でも、これまでの積雪ではまだ雪の量が少なく、十分な滑り台にならないのです。 従い、除雪作業はそれなりに大変な反面、もっと雪が降ってほしいとお願いしたい所なのです。

黒姫高原スノーパークの積雪が100cmを越えるなど、周辺のスキー場でも十分に雪があるようで、20日頃からの営業開始は予定通りのようです。

さて、昨日の総選挙の結果が出ましたが、安倍晋三の自民党の思惑はやや外れたようで、わずかながらも席数を減らし、北海道や沖縄では辛酸を嘗め、小沢一郎さんや亀井静香さんの崩墜を狙ったものの見事にあてが外れてしまったようです。


与野党の配分はほとんど変わらないにしても、安倍の目論見とはかなりかけ離れた結果であったでしょう。 でも、選挙民の認証を受けたとして、第三次安倍内閣では憲法9条をないがしろにして、軍備強化、徴兵制準備などの軍国化、隣国である中国や韓国への排外政策の拡大、アメリカへの軍事や経済援助、結果として日本国民を奴隷と課して貧させる政策に出ることでしょう。


ウソをまことしやかに公言する安倍晋三や、「支那と戦争すれば日本は勝てる」などと妄言を吐く石原慎太郎のような人物、男芸者とおぼしき大阪のハシシタなどが政界にいる限り、日本の行く末は実に暗いです。


奴らが日本の政治を私物化してもっと腐れば、外国からの顰蹙は増大、日本の金を吸い上げたアメリカは無用の長物として日本を捨て、その隙に中国資本は日本のあらゆる資産を買い取って実質中国の属国となり、そんな八方ふさがりな状況にならないとと日本国民は自公の愚かな政策が分からないのでしょう。

高額な戦闘機や戦車を増やしたって外交能力のない政治家ばかりでは、何もできていません。 その証拠に、竹島や尖閣諸島問題も何ら進展のないまま、韓国や中国は彼らの領土だと攻勢をかけ、日本は常に守り態勢でしかない。 領土問題を顕在化させ、何の解決を図らない慎太郎は無責任そのもの。

2014年12月14日日曜日

「こんな世の中、終わっちまったほうがいい」 ー Youtube動画より



昨夕、大雪警報が出た信濃町でしたが、私が20数年間体験した雪降りの中ではそれほど大きなものではありませんでした。
積雪量の実際の測り方についての理解はありませんが、屋根の積もり具合からすると50cmほどでしょうか? 朝から2度ほど除雪ブルが来て道路を綺麗にしてくれ、日中多少日差しが出たこともあって、道の雪はほとんど消えてしまいました。
今晩からはどんな降り方になるでしょう?

今日の総選挙の投票結果はどんなであったでしょうか? 大雪など不順な天候だけが原因ではないでしょうが、昨今の政治不信の高まりにより、また体制側の意図した(作為的な)選挙であったでしょうから、与党の面々が勝どきをあげている影像がテレビからも流れることでしょう。

どちらにしても日本という国は衰退の一途をたどることでしょう。




安倍首相にも韓国差別発言の過去!衆院選候補者“極右ヘイト”ランキング(後編) - 本と雑誌のニュースサイト/リテラ








世界は終わる
新しい世界の始まりは
あなたの中で生まれる
 

2014年12月12日金曜日

大雪を跳ね退いてでも選挙に行こう

13〜14日は、強い寒気団の南下で太平洋岸でも雪降りになるおそれがあるとのこと。 天候不順で投票所へ足を運ぶ人が少なくなることが懸念されますが、今後の日本の行く末を決める大事な選挙なのだから、棄権は許されません。 投票所へ行き、真っ当な判断をしてほしいものです。









自民党の稲田朋美や片山さつきなどが、在特会などと一緒にヘイト活動をしているのです。 彼らは日本人の恥そのものです。

自民党が、もし日本が共産党政権になったら、こんな世の中になると過去に喧伝していた内容が、安倍晋三の自公政権のもとで実現されようとしているのです。 「怖い共産党」ではなく「怖い自民党」が日本という国を狂わせ消滅させようとしているのです。