お知らせ

お知らせ

*自戒を込めて-> テレビ(大手メディアを含め)はバカ箱ウソ箱
ニュースやワイドショーからは嘘を植えつけられるし、思考痴呆にもなります。

日本の政治や社会を、自分の眼で見て、自分の頭で考えるようにしたいものです。

「公共放送」と名乗っている局や態勢迎合の低俗局、大手新聞社等は時の政府になびくような番組や紙面作りをし国民を騙し洗脳しているのです。 「ゴミ箱」同様の「マスゴミ」情報は信用に値するものであるか、自分の頭で判断したいものです。

*ネットニュースにも、偏狭(偏狂)新聞社やテレビ局のものが掲載されています。 やみくもに信用しない、鵜呑みにしないことが大事ですね。

災害列島ジャパン自衛せよ!

人と防災未来センター

八木下重義ー地震予兆研究センター

*2012年6月、ブログ「続・黒姫高原はんぐろ日記」を開設し、自宅サーバで運用してきたブログ「黒姫高原・はんぐろ日記」の記事等をこちらへ移行しました。 2012年5月以前の記事に載せた写真等はおいおい移行しようと思っていますが、当面ブランクのままの表示となっています。 また従前から開いていたホームページ「黒姫高原・コム」は2015年1月に閉鎖しました。

*所有ドメイン名 kurohimekogen.com, kurohime.com, kurohime.info は順次放棄することにし、当ブログへの転送設定も停止しております。

*新聞の切り抜き等で拡大表示しても文字の判読が難しい時があります。 そのような場合は、切り抜き画像をパソコンにダウンロードしてから表示されると読みやすくなります。

*平和の琉歌



*うないぐみ+坂本龍一「弥勒世果報 (みるくゆがふ) - undercooled」


*the world is coming to an end



*お問い合わせメールは、kurohimekogen●gmail●comへ(●は文字を入れ換え、すべて半角で)

*↓時々、先日付の投稿があります。
 下へスクロールして直近の投稿を確認して下さい。

2015年12月31日木曜日

雪の少ない大晦日

今年1年の政治や社会情勢のことを考えると実に心もとないというか、次の年に期待が持てない思いにかられてしまいますが、我々はとにもかくにも生きて行かなければなりません。
そんな思いで新しい年を迎えようと思っているのですが、まあ、これから育つ者には楽しい思いを持って新し年を迎えてほしいと、孫たちを黒姫高原スノーパークへと連れ出しました。

行ってみると、駐車場はどこも満杯の表示。 雪不足で昨日からかろうじて全面滑走になったと、ウインタースポーツを待ち焦がれていた方々が一気に集中したのでしょう。


というものの、我々は幼児を楽しませるキッズパークへ。
500円の料金で以前無料であった遊具が今回から有料になった模様。 でも、リフトの一つが使えると、ロングでソリ滑りを楽しみました。


2015年12月25日金曜日

一日遅れのホワイト・クリスマス

例年にない雪不足のため、スキー場やペンションなど、ウインタースポーツを生業にされている方々は、キャンセル続きで、年内の営業を諦めている所もあるようです。
現政権による悪政、増税、棄民政策に加え、雪不足で収入が立ちいかないという状況に、底辺にいる人々が日々苦しめられていることを実感する、今日この頃です。

今日は朝9時頃から雪マークでしたが、ほんのわずかな降りで、日中は薄日がさすほど。
夕方になって、やっとちらほら。
黒姫の町中はあまり降っていませんでしたが、野尻のトンネルを越えて妙高に入ると、本降りの雪で、1時間ほど停めた車にはしっかりと積雪。 赤倉の道路は真っ白になりました。
夜9時、我が家の周辺もどうにか白一色になっています。

週末に入り、少しずつゲレンデ営業を始めるスキー場が出て来るようですが、明日26日から27日かけて寒気団が下がってくるとかで、とにかく根雪になってほしいものですね。

黒姫高原スノーパーク

戸隠スキー場

飯綱高原スキー場

いいづなリゾートスキー場

斑尾高原スキー場

妙高杉ノ原スキー場

赤倉温泉スキー場


夜になってやっとホワイト・クリスマスになりましたが、昨今、クリスマスの日に繁華街に出て飲み歩いたり、半年も前に作られたケーキを買う姿は少なくなったでしょうが、お坊さんの家族ですらクリスマスプレゼントを交わす時代にあって、キリスト誕生を横に置いても、クリスマスの真の意味を考えたいと思います。

Happy Christmas - War is Over

A Christmas Carol  チャールズ・ディケンズ


2015年12月22日火曜日

冬至 A Winter Solstice

今冬、3回ほど降った(わずかに積もった)雪はその後の晴天や雨天でとけてしまっています。
自分の黒姫での体験では元旦まで雪がなく、翌2日にドカ雪が降ったことがあり、また人に聞くと1月7日まで雪がなかった年があったそうです。
今、黒姫周辺では赤倉スキー場だけが一部のコースでかろうじてゲレンデ営業をしているものの、黒姫、飯綱、斑尾、杉野沢などのスキー場では営業できないでいるようです。
今週末あたりの天気予報に連続した雪マークがありますので、それに期待するしかないようです。

さて、今日は冬至。 昼と夜の時間が同じ日ということは誰でも知っています。
日本人の風習として、柚子風呂に入り、カボチャを食べることも知っていますが、どのくらいの家がそれを実行しているのでしょうか? スーパーで柚子やカボチャを買うにはそれなりのお金が必要です。 昨今の悪政、増税で、古からの習慣を実行することもできない家が増えていることでしょう。 
我が家では、庭や畑でとれた柚子やカボチャをとっておいて、たまにユズ茶を飲み、カボチャが入った小豆汁を食しています。

まもなくクリスマスがやって来ますが、キリストが誕生した日については諸説があり、必ずしも25日ではないそうで、冬至にかかわる古代からの風習とが相まって、25日をキリストが誕生した日として祝う習慣になったそうです。

人類が誕生した古代から世界各地で夏至や冬至に神秘性を感じ、色々な習慣が生まれてきた証左なのでしょう。

イギリスのStonehengeでSolsticeを祝う映像。


そして、私の好きなサックス奏者Paul Winterのアルバム A Winter's Solstice。


2015年12月15日火曜日

今日のグーグルアイコンは「いわさきちひろ」でした

昨日も今日も黒姫は温かく、日中は仕事をしているとTシャツで居られるほどで、遠くに見えるゲレンデの白さは消えてしまい、雪国はどこに行ったのであろう?と、人と会えば「雪がないのは暮らしやすくていいのだけど、雪を生業にしている人にとって死活問題であろう」と話すのが日常となっています。

さて、今日パソコンを開くとこんなグーグルアイコンが表示されました。

クリックすると、絵本作家であった、いわさきちひろの誕生日である由。



そういえば、黒姫童話館の裏庭には、いわさきちひろが一時期黒姫で過ごした山荘が移築されていて、ちひろさんの作画の様子がうかがえるようになっています。


2015年12月11日金曜日

大きな虹の輪が見られました

未明から雨降りとなり雨だれの音で目が覚め、朝7時過ぎ、止みそうだなと可燃ごみを出しに行ったら再び雨降り。

そんな時、8時頃でしたか、青空が出そうな気配の中、一瞬日が差して、仁の倉から古海にかけて大きな虹が見られました。



その後は暗くなり再び雨降り。 昼からは長野へ出ましたので空模様のことは分からないのですが、夕方帰ってみると時折強い風が吹いて、雨はどことなく氷雨っぽい。

折角つもった雪はこの雨でさらに消えてしまい、本格的な雪国生活はまだ先になりそうです。

2015年12月9日水曜日

移住者支援 ありえない、いなかまち。

ここ数日、マイナス5度ほどと寒い朝を迎え、畑は霜で真っ白となっていますが、折角つもった雪はどんどん融けているものの、ゲレンデだけはかろうじて白さを保っているようです。 朝の山々は日差しの関係でしょう赤味を帯びていました。


畑の落葉や落葉も霜がついていると何気に美しいものです。

こちらはニンニクの葉or茎?

ラズベリーの残った葉


ルバーブの葉です。

さて、信濃町では毎月広報誌「しなの」を発行し、時期に応じたテーマやイベント、お知らせなどを住民に知らせてくれていますが、今月は「ようこそ町へ」と題して、町外から来られた人々を特集していました。


私達が信濃町に来た時の人口は1万3千人前後でしたが、25年後の現在は9千人を割り、過疎化が一層進んでいると思われます。 まだ限界集落までには遠いと思いますが、何の策もなければ、自然とそういう視野にも入ってくるでしょう。

そんな中で、いかに人口を増やすか、そのヒントを模索するのが、今回の広報紙の特集でした。

町政関係者のみならず、町民一人一人が緊急の自分の問題として捉えるテーマであろうと思った次第。

昭和40年頃からスキー人口が増え、黒姫高原にもスキー場が開設され、スキーヤーを収容するホテルやペンションなども増えたようです。
しかし、平成に入って、若者の嗜好が変わったのでしょう、JR(国鉄)のシュプール号が廃止され、年々ウインタースポーツを楽しむ若者は減少。

黒姫高原スノーパークでは、開設50週年記念事業を今季計画しているようです。


そんな時代にあって、町は夏場(グリーンシーズン)での集客を狙い、黒姫童話館の設置やコスモス(花)園に力を注いで来たようですが、周辺の高速道路が完備するにしたがい観光客が通過するだけの町になったようです。

一部では、農山村生活体験と称して、修学旅行生を民泊させ、地元の生活を知ってもらう取り組みを行ったり、また、一部の町民達が福島原発事故で被ばくした子供たちの保養に協力すべく、外からの受入対策を行っています。
すぐに人口増に結びつかないまでも、信濃町ファン、黒姫ファンを地道な活動から増やすことが、人口増につながるのではないかと町の施策に協力しているのです。
そういう意味でも、今回の広報紙「しなの」の特集記事は実にふさわしいものだと思われるのです。

当該記事は、信濃町ホームページ → 総合案内 → 広報・ローカル → 広報しなの平成27年度 で読むことができます。

そう思っている矢先、今日は、信濃町への移住者支援ページ「ありえない、いなかまち。」が直近で開設されたと見つけたのでした。


信濃町の夏野菜は美味しいし、冬は雪除けなど?で体力増進、時に雪に苦しめられ、不便なものもありますが、自分の生活を自分の足元から確認した生活が信濃町で出来ると思うのです。

都会に無いモノを、信濃町で見つけられる、不便な物を排してでも得られるものがあるという実感、そんなものが感じられたらるのが信州・信濃町なのです。

ありえないものが、ありえる、いなかまち、信濃町にたくさんの人の眼が注がれることを真に望むものです。

この所の町役場や関係者の取り組みに、何か淡い期待というかい、温かい日差しが感じられる今日このごろでした。

2015年12月3日木曜日

そろそろ本格的な雪降りになる! かな?

今日は一日雨と雲りが交互にやってくる天気でしたが、今夕から雪マーク(夕方6時→9時にずれていますが)。
明日は一日中雪降り予報で、やっと本格的な雪シーズンになりそうです。

今朝、望遠レンズで撮ったスノーパークのゲレンデ。 少しぐらい降ったのではすぐに融けてしまっています。


そして杉野沢、標高の高い所は白くなっていますが、黒姫と似たような状況。


こんな状態では、3・4ヶ日続けてまとまって降ってくれないと、根雪にはならないかもしれません。 19日の開業まであと2週間とちょっと。
ウインタースポーツを生業にされている方々にとっては、今が一番気がかり時ではないかと思われます。

2015年12月1日火曜日

いよいよ師走に入りました

時々0度になる朝もありますがそう多くはなく、今の時期としては総じて温かい日が続いています。
特に昨日30日は、霜が降り朝は寒かったものの、日中は晴れて温かく、窓辺に立つと小春日和という言葉が思い出されてしまいました。
以下、近況報告のような投稿ですが、

先月25日、長野・清泉女学院で行われた上映会「見えないから 見えたもの 拝啓 竹内昌彦先生」に出かけました。


上映に先立ち、日本記念日協会の理事をされているという加瀬清志さんが、この映画が作られた経緯を話され、盲目の竹内先生から「点字ブロックの日」を制定できないかと相談された時に遡る由。
竹内先生は先の大戦中に中国大陸で生を受けるも、敗戦の混乱時、栄養がとれないまま病気になり視力が低下したとのこと。 学校で色々ないじめを受けながらもめげずに育ち、大学卒業後は郷里の盲学校で教鞭を取る。
そして、現在は各地で講演を行い、いただいた講演料をためて、モンゴルやキリギスに肢体不自由者のための施設を作り支援を行っていると加瀬さんのお話であった。

映画は、加瀬さんの話にあったような、竹内先生の功績を称えるのではなく、彼の半生をたんたんと描くものでありました。


いじめ問題や弱者切り捨ての教育など、今の時代、社会正義がないがしろにされていると思われます。 特に教育現場などで、本映画を多くの人が見て、考えてほしいと思うものでした。
 地域には社会福祉協議会のような組織があるでしょうから、そういった団体が本映画の上映企画を行い、肢体不自由者や弱者への理解啓蒙を行ってほしいものです。

映画を見て信濃町に戻ると、今年1か2度目の雪降りで、久しぶりの雪の中の運転はこわいものでした。 スーパーの駐車場に止まっている車もこんな出で立ち。


27日も再び雪降りになり、

明けた28日は山はこんな感じ。

そんな雪山を尻目に、長野で行われたマリオネットオペラ「魔笛」を視聴しにでかけました。 演奏家や声楽家の方々はすばらしい技能をお持ちのようですが、当方の脳がついていけずに、ときおりコックリさん。


25日の雪山

28日の雪山

30日の雪山

我が家から見える黒姫高原スノーパークのゲレンデは朝は白くなっても、昼ごろになると茶色にかわりつつあります。
スノーパークの開業は19日からだそうで、それまでにまとまった雪は降るのでしょうか? 昨年はすごい降りでしたが、今年はどうでしょう? ちょっと気になる所です。
さて、その黒姫高原スノーパークですが、今シーズンで開業50週年になるとのことで、「5」のつくお得なサンキュー料金が設定されているようです。 とっておきたくなるようなA5サイズのリーフレットも作成されていて、観光案内所や道の駅などで配布されているようです。
そのページをスキャンしてコラージュしてみました。 なかなかシックなページ作りだと思います。

2015年11月20日金曜日

映画「沖縄 うりずんの雨」を観てきました

11月7日から長野相生座・ロキシーで上映されている「沖縄 うりずんの雨」を観てきました。


長野相生座・ロキシーに入場すると、ふだんは10人いればいいほうなのに、今日は60人否70人、もっと居られたかも知れません。 スクリーンに近いと見難いので後席を探したのですが、空席はわずかでした。

聞く所によるとロキシーにかかった「うりずんの雨」のことをテレビで報道されたとかで、それで関心を持った方が多かったようです。 因みに、上映期間が一週間延びて、最終日が27日となっています。
11/25にロキシーのHPを見たら、上映期間がさらに延長されていて、12/4(金)までとなっています。 すごい反響ですね!!

でも、上映が始まると、どこからか寝息のような音が、そして頭が斜めになっている姿も見受けられました。 まあ、娯楽映画でないので仕方ないでしょう。


本映画は、沖縄の70年を、連合(アメリカ)軍が侵攻してきた「沖縄戦」、敗戦・占領による米軍基地建設と住民への差別を示す「占領」、チビチリガマ集団自決や性暴力の実態を描く「凌辱」、沖縄への差別的扱いを許している大和人の無関心さに対し沖縄人の深い失望や怒りを語る「明日へ」という4部作で構成されていました。


日本とアメリカの両方に足をおき、映画制作をされている監督ジャン・ユンカーマンさんがアメリカの公文書館から取り寄せた資料や映像、また沖縄に侵攻した米軍元兵士や占領業務にあたった米軍元兵士、日本人元兵士、戦場をつぶさに見た生き残りの人々などにインタビューし、その実情を探ろうとするものでした。


我々、特に大和人が知らないことがそこかしこに描かれていて、日本人皆がこの映画を見て、沖縄の現状を知るべきだと思いました。 加え、占領政策というものが実に野蛮で住民をないがしろにするものであると、全世界の人々に知ってほしいものです。

特に、永田町界隈に巣食う、自称他称含め、政治家という輩はかならず見るべきです。

思うに、
70年前の敗戦時、昭和天皇がアメリカに日本を売り渡した時から、沖縄の悲劇は始まっているのでしょう。 そして、自民党政権を中心にアメリカやアメリカ資本に迎合した政治を行ってきたツケが今来ているのです。
デタラメな戦争法案も結局は日本の金を米軍の運用に差し出すものです。
日本は朝鮮動乱を機に経済復興への足がかりをとげたものの、ベトナム、イラン、イラクなどアメリカの侵略政策に沖縄が利用されて来ているわけで、防衛庁昇格、戦争法案のデタラメ可決などによって、アメリカの一方的な侵略戦争への日本の加担がさらに増大していくわけです。

今、ソマリアなど自衛隊の海外派遣が当然のごとく行われていますが、明らかにされないものの、帰国してからの自衛隊員の自殺件数はかなり増えているとのことです。
沖縄戦の日本人元兵士も、沖縄の住民も、沖縄でレイプ事件を起こしてしまう米軍兵士も、大義をかざした日米の戦争屋の被害者なのです。 これに自衛隊員が加わることは明らかです。

イスラム過激派のターゲットは日本にも向かっています。 商用や観光で中東ばかりでなく欧米など、あるいは世界のどこにいても日本人が犠牲になる可能性は非常に高まっています。
安倍晋三内閣の愚策が、沖縄ばかりでなく日本国に住む日本人全員を苦しめることになるのでしょう。

私はまだ沖縄へ行ったことがありません。
広島長崎の原爆投下地にも恐ろしくて長年行く気になれなかったのですが、数年前に訪ねる機会があり、犠牲者の冥福を祈ってきました。

本映画を見て、沖縄を訪ね、70年前また以降に命を落とした人々のことを思い、大和人の無責任さを謝ることが、日本人特に大和人の責任であろうと思うようになりました。

信濃町にいて、長野市までしなの鉄道で30分。 相生座ロキシーと千石劇場の存在は実にありがたいものです。

次に、劇場にあったチラシで、次に行こうと思うものを掲載しておきます。

◯ひとりひとりの戦場 最後の零戦パイロット(11/28-12/11)

◯ベルとセバスチャン(12/12-12/18)

◯寅さん(12/19-1/15)
映画はテレビ画面よりスクリーンがいいでしょうね!



2015年11月18日水曜日

比較的温かく、でも時雨れた空が続く晩秋に

10月はほとんど留守にしていたので、黒姫の天候がどうであったか記憶にないのですが、11月の今、あまり快晴の日はなく、曇ったり時雨れたりという天気が続いています。

でも、13日、信濃町ひとときの会が主催した、苗名滝ウォーキングでは雲ひとつない快晴の元歩き出しのですが、林の中を歩いているうちに空は曇っていたようです。 この道、ふだんは山菜探しで歩くのがほとんどで、リーダーの説明を聞きながらのウォークでは、新しい発見の連続でした。

カラマツの枯葉の絨毯を歩き、カラマツのシャワーを浴びるのはかなり贅沢なようです。

大木の根本には、かつて使ったという石積みの炭焼き炉。 こんなものも話を聞かないと見過ごしてしまいます。
児雷也の洞窟。いつも面倒がって見ていなかったのですが、15〜20人が立って入れる洞窟でした。
苗名滝、別名地震滝は相変わらずたくさんの水を落としていました。 この周辺では、今年たいそう綺麗な紅葉が見られたそうですが、来春からは関川に沿った新しい車道が通じるそうで、北信の秘境も喧騒な観光地になりそうです。


15日、信濃町総合会館で、鎌仲ひとみ監督の「小さき声のカノン」上映会があり、ぐずついた天候が気になっていましたが、曇り時々小雨といった空模様で、来場者の足を停めるほどの悪天候にはなりませんでした。

上映は午前と午後に2回実施されましたが、これまでの上映会と比べると来場者はそう多くありませんでした。 日本全体が放射能被災に対する関心が減少している証左をここ信濃町でも感じられるものでしょう。
でも、ほとんどの方が掲示物を丹念に見ておられ、アンケートも丁寧に書かれていて、来場者の関心度の高さが見え隠れしていました。
町内ばかりでなく、千曲市や高山村、伊那から来られた方も居られました。



さて、この頃の中部電力の検針票裏面には、原子力発電所に対する需要家の心配を拭うような記載があります。

浜岡原発の、あの砂浜に建てた高層の擁壁が津波を遮ることができるのでしょうか? 波が砂浜を削り基礎部分が崩壊することも容易に考えられます。
「オンカロ」という映画がありました。 ドイツでは地下1000mの岩塩層に放射性廃棄物を埋蔵すると計画しているそうですが、それでも地水や地殻の変動による損傷で放射能を含んだ水を飲用することが無いとは言えません。 中電が言う、地下300mでステンレス容器であっても、未知の科学の領分に入る埋設を安全とは決して言えない筈です。

政治家・山本太郎さんのホームページで公開している、

「核のゴミどうすんの!? 山本太郎と広瀬隆のドイツ取材3000kmの旅」

のDVDを取り寄せ見ました。

脱原発を進めているドイツについて、我々日本人はドイツは脱原発先進国ですごいことをしていると思いがちです。 でも、このDVDを見ると、ドイツの脱原発の決定も廃棄物の処分方法も、確たる決定があったわけではなく、その場しのぎの感じもあります。

この映像を見ていると、原子力政策、核兵器などを含め、地球レベルでその存在を否として考えるべきではないかと思うのです。

政治家としての山本太郎さんの信条や好き嫌いは別にして、是非、彼のホームページからこのDVD2枚組(千円)を取得し、映像を見て皆が考えてほしいものです。

ホームから公式グッズへ 




2015年11月15日日曜日

「小さき声のカノン」上映会が長野県信濃町で

被ばく、原発、放射線などの問題と取り組んだドキュメンタリー映画を制作されて来ている鎌仲ひとみ監督の新作「小さき声のカノン」の上映会が、11月15日信濃町で予定されています。

福島原発から今なお漏れている放射線など、周辺の住民は被ばくを余儀なくされ、小児性ガンの兆候がある子供たちも増えているようです。 しかも、その事実が公にされておらず、少しでも被ばくの影響を抑えるための施策として「保養」がいかに大事か、本映画は教えてくれています。

長野県信濃町は、活断層の上に建つという柏崎刈羽原発から80kmの位置にあります。 もし巨大地震により被災することになれば、信濃町も福島と同様の被ばく状況になる恐れがあるのです。
福島の被ばく住民をないがしろにし、棄民政策をはかっている国政に委ねていたら、我々の生命はいくつあっても足りません。 こういう映画から、一人ひとりが被ばくや原発問題への理解を深め地域を守るにはどうすれば良いか日々考えて行きたいと思うものです。