お知らせ

お知らせ

*自戒を込めて-> テレビ(大手メディアを含め)はバカ箱ウソ箱
ニュースやワイドショーからは嘘を植えつけられるし、思考痴呆にもなります。

日本の政治や社会を、自分の眼で見て、自分の頭で考えるようにしたいものです。

「公共放送」と名乗っている局や態勢迎合の低俗局、大手新聞社等は時の政府になびくような番組や紙面作りをし国民を騙し洗脳しているのです。 「ゴミ箱」同様の「マスゴミ」情報は信用に値するものであるか、自分の頭で判断したいものです。

*ネットニュースにも、偏狭(偏狂)新聞社やテレビ局のものが掲載されています。 やみくもに信用しない、鵜呑みにしないことが大事ですね。

災害列島ジャパン自衛せよ!

人と防災未来センター

八木下重義ー地震予兆研究センター

*2012年6月、ブログ「続・黒姫高原はんぐろ日記」を開設し、自宅サーバで運用してきたブログ「黒姫高原・はんぐろ日記」の記事等をこちらへ移行しました。 2012年5月以前の記事に載せた写真等はおいおい移行しようと思っていますが、当面ブランクのままの表示となっています。 また従前から開いていたホームページ「黒姫高原・コム」は2015年1月に閉鎖しました。

*所有ドメイン名 kurohimekogen.com, kurohime.com, kurohime.info は順次放棄することにし、当ブログへの転送設定も停止しております。

*新聞の切り抜き等で拡大表示しても文字の判読が難しい時があります。 そのような場合は、切り抜き画像をパソコンにダウンロードしてから表示されると読みやすくなります。

*平和の琉歌



*うないぐみ+坂本龍一「弥勒世果報 (みるくゆがふ) - undercooled」


*the world is coming to an end



*お問い合わせメールは、kurohimekogen●gmail●comへ(●は文字を入れ換え、すべて半角で)

*↓時々、先日付の投稿があります。
 下へスクロールして直近の投稿を確認して下さい。

2015年3月4日水曜日

日本のメディアがいかに信頼できないものであるかという実例

今夜はお月さんもお星さんも綺麗に見られる空となっていますが、満月は二日後のようで、ひょっとしたら明朝は久しぶりに冷えるかもしれません。

今日は、毎日新聞が掲載した「作家・故三浦綾子さんの夫であった故三浦光世さん」の記事に関するニュースに目が止まりました。
実際の記事を見てはいないのですが、「光世さんは敬虔なカトリック信者であった」という件が、あちこちのブログなどで、「そうではないでしょう」と書かれているのでした。


三浦綾子さん三浦光世さんは、旭川の六条教会で結婚式をあげましたが、この教会は日本キリスト教団の教会なのです。
キリスト教は中世にきて、旧教(カトリック)世界の腐敗が原因でしょう新教(プロテスタント)という分派が生じましたが、以後、東方教会やら聖公会やら、色々な派生教会が生まれました。
毎日新聞の記者は、そういった歴史を精査せずに、ひょっとしたら外部のライターに書かせたものをそのまま記事にしたのかもしれません。

因みに、「綾子」という名の作家が日本には二人おります。
三浦綾子さんは、敗戦直後の混乱の中で、戦中戦後の教育環境に疑問を持ち、辛酸を嘗めながら作家という世界を見つけました。 かたやもう一人の「綾子」はお嬢さん学校である聖心女子大を卒業して、満帆な作家生活を送ってきたようで、かたや貧者、かたや富めるものの世界にあって、人間としての尊厳さを考えた時、どちらが人間的であるか当然わかることでしょう。

日本の過去の侵略戦争の中で「従軍慰安婦はなかった」とか「関東軍の人体実験はなかった」と嘘ぶき、富国強兵を願った「靖国神社」に詣でる「綾子」などは、その人間としての質は雲泥の差。曽野綾子なんて「下の下」。
どうして日本のカトリック教会は曽野綾子の言動を制することができないのでしょう。 日本のキリスト教信徒の数はわずかでジリ貧状態です。 曽野綾子のような信徒の存在はキリスト教の布教にとっても、弊害そのものあると思うのですが、結局、教会も組織に拘泥したものなのかもしれません。

また、先日、イギリスのウイリアム王子が来日しましたが、この来日は実に唐突で目的が分かりませんでした。 原発事故で苦渋の生活を余儀なくされている福島へ王子は出かけたということから、これは日本政府のやらせであろうと実感したのでした。
そして、日本放送協会は、この王子を招いて会長自ら面談したとのことです。
政府もNHKも、化けの皮が剥がれるような、国民を騙す所作をしたものでした。


こんな実例からも、日本のテレビ、新聞などのメディアは実に信頼できないものであると証明したものでした。
インターネット回線契約者からは一律NHKの受信料を徴求するのだという、籾井の無謀な考えには断固として反対しましょう。

報道を垂れ流しに見聞きするのではなく、自分の目と耳を信じて、自から判断したいものです。

0 件のコメント: