お知らせ

お知らせ

*自戒を込めて-> テレビ(大手メディアを含め)はバカ箱ウソ箱
ニュースやワイドショーからは嘘を植えつけられるし、思考痴呆にもなります。

日本の政治や社会を、自分の眼で見て、自分の頭で考えるようにしたいものです。

「公共放送」と名乗っている局や態勢迎合の低俗局、大手新聞社等は時の政府になびくような番組や紙面作りをし国民を騙し洗脳しているのです。 「ゴミ箱」同様の「マスゴミ」情報は信用に値するものであるか、自分の頭で判断したいものです。

*ネットニュースにも、偏狭(偏狂)新聞社やテレビ局のものが掲載されています。 やみくもに信用しない、鵜呑みにしないことが大事ですね。

災害列島ジャパン自衛せよ!

人と防災未来センター

八木下重義ー地震予兆研究センター

*2012年6月、ブログ「続・黒姫高原はんぐろ日記」を開設し、自宅サーバで運用してきたブログ「黒姫高原・はんぐろ日記」の記事等をこちらへ移行しました。 2012年5月以前の記事に載せた写真等はおいおい移行しようと思っていますが、当面ブランクのままの表示となっています。 また従前から開いていたホームページ「黒姫高原・コム」は2015年1月に閉鎖しました。

*所有ドメイン名 kurohimekogen.com, kurohime.com, kurohime.info は順次放棄することにし、当ブログへの転送設定も停止しております。

*新聞の切り抜き等で拡大表示しても文字の判読が難しい時があります。 そのような場合は、切り抜き画像をパソコンにダウンロードしてから表示されると読みやすくなります。

*平和の琉歌



*うないぐみ+坂本龍一「弥勒世果報 (みるくゆがふ) - undercooled」


*the world is coming to an end



*お問い合わせメールは、kurohimekogen●gmail●comへ(●は文字を入れ換え、すべて半角で)

*↓時々、先日付の投稿があります。
 下へスクロールして直近の投稿を確認して下さい。

2015年7月31日金曜日

映画(館)のハシゴをしてきました

長野・妙高高原駅間がJRからしなの鉄道北しなの線に変わった良い点といえば、通常の運賃とはべつに「お得なきっぷ」が販売されていることでしょう。
まず、長野・妙高高原駅間の一日乗り放題のフリーきっぷが千円。 何気に、”北しなの線を撮ってください!” という撮り鉄ファンのための切符のようにも思えますが、黒姫・長野間を往復するだけでも運賃が安くなります。
加えシルバー世代向けには、「北しなの線シルバーパス」という1ヶ月の定期券が2700円で購入でき、月に3回以上長野へ出かける人にとっては大変メリットがあります。

今はちょうど夏休み時期で、長野へ出かけることもあろうと、今回シルバーパスを購入しました。 その手始めにと、長野市内で公開されている映画を見てこようということになったわけです。

まず、朝一からは、長野駅からほど近い千石劇場で「国際市場で逢いましょう」という韓国映画でした。


この映画は、家族あるいは家系を大事にするという韓国(朝鮮)人の「こころ」を如実に現したもので、朝鮮動乱で中国軍が侵攻してくるというので釜山へ逃げてきたものの、途中父親と妹が逃げ遅れて家族は生き別れとなってしまい、小さな長男が父親から「これからはお前が家長だ!」と託されるのでした。 釜山の親戚の店に間借りし、その後、長男は成長し、大きな船にのって外洋に出るという夢を捨て、ドイツの炭鉱や内乱状態のベトナムへ出稼ぎに行き家族を養って老後を迎えたというものでした。
後半で、アメリカ人の養子となった妹と再会できたものの、お父さんが帰ってくるという期待がなくなっていく中、店をたたんで地域の再開発に合意するのでした。

「家族を守る」という、韓国人の模範のような映画にも思えました。
しかし、家族や仲間を大事にする反面、他人や意を異にする人に対しては意外と冷たいようで、その落差が大きく感じます。 朝鮮動乱時代のパルチザンや済州島の四三事件など、同胞同士が殺しあう素地がそこにはあるのでしょう。
喧嘩となれば口角泡を飛ばすという表現がぴったりの感じですが、それが収まると、意外に仲良くなってしまうのも不思議で先々まで不仲を続けないのです。

よく韓国人はHOT、日本人はCOOLだと言いますが、性格的には両極端にいるように思われ、それぞれのいい所が融合されれば、もっといい関係になるのではないかと思われます。
それにしても韓国人は長幼の列を重んじ、年寄りを大事にすると言いますが、シルバー席に座る妊婦さんを無理やり立たせてしまう、登山帰りの元気な年寄りには思いやりの無さを感じてしまいます。
また、一緒に食事をした時は、年配者が必ず支払うというのも、何かひっかかります。 まあ、食事代位ならたいしたことはありませんが、交通機関の運賃とかホテル代などとなったら相当の額になってしまいます。 それぞれのいい所、悪い所をきちんを理解して付き合う必要があろうと思います。

そして、午後からは、相生座・ロキシーで上映されている「わたしの、終わらない旅」を見ました。

長野県須坂市で薬局を営んでおられた坂田静子さんが、英仏海峡の島に住む娘さんがフランスの核再処理工場から排出される放射能の問題を伝えてきたことをきっかけに原子力、放射能汚染の恐ろしさに気づき、「聞いてください」というミニコミ紙を発行し、地域で配布する活動をはじめたそうです。

余談ですが、静子さんは、社会問題を提起したことで、所属する教会のメンバーからは阻害されたそうで、しばらく教会を離れていたようです。 ここには日本人の悪い特性が散見されてしまいます。

そのミニコミ紙をまとめて一冊の本にされましたが、すでに静子さんは他界されています。


その「聞いてください」を元に、坂田雅子さんが映像にされたのが、この「わたしの、終わらない旅」で、フランス、マーシャル諸島(ビキニ、キリ)、カザフスタン、福島と、原子爆弾や水素爆弾の実験地、核処理工場や原発などをたずね、核の被害に翻弄される人々を写しているものでした。
アメリカはビキニ諸島の住民への保障をしておらず、第五福竜丸の船員の被ばく被害については日本政府が僅少な額でアメリカ政府と合意してしまい、個々の船員への保障は皆無であったようです。

鎌仲ひとみさんの、「ヒバクシャ世界の終わりに」、「六ケ所ラプソディー」、「ミツバチの羽音と地球の回転」、「内部被ばくを生き抜く」、「小さき声のカノン」に通ずるものがありましたが、まだまだ問題の詰めが弱いように思えました。

映画館をはしごする間、善光寺に通ずる道路を歩いて、あちこちのお店をのぞき時間をつぶしたのですが、途中で、本願寺長野別院の掲示板で映画の予告があるのを見つけました。
上映日 8月2日(日)
映画  「ある精肉店のはなし
唯一、牛の屠殺をしていた大阪の牛肉店の姿を写した映像で、私はすでに見ましたが、見る価値があると思います。 掲示によると、上映に先立ち監督さんが話をされるようです。


ロキシーがある権堂商店街には七夕の飾り付けがされていますが、過日、ここに安倍政治を弾劾する短冊があったそうです。 自民公明の輩の横槍が入って外されたそうですが、その残滓でもないかと見て回りましたが、何もありませんでした。 ただ綺麗に飾り付けをするだけでなく、あのような社会性のある掲示はぜひやってほしいものです。
七夕飾りの下では、施設の老人たちが集って、記念写真を撮っている風景が見られました。

こちらは過日外されてしまった短冊の写真です。


映画を見に行ってついつい気になるのが、以後の上映タイトル。
池谷監督によるチベットの映像ですね。

3時間16分のカッパドキアの映像だそうです。



2015年7月28日火曜日

台風一過のような、孫たちが帰って行きました

ご近所では、ホンドユリが咲き始めていますが、その花の命は意外に短いようです。


長野県内の小中学校は29日頃から夏休みにはいるようですが、すでに夏休みに入っていた東京の孫たちが先週からやってきていて、あちこちを案内。 観光スポットにはそう多くの人が来ておらず、ゆっくり楽しめたようです。
でも、楽しく遊んでいる時は良いのですが、兄弟が一度争い事をはじめると、なかなか手が付けられません。
匙を投げるような場面もあって、子育てというものは実に難しいものだなと、あらためて感じさせられています。 そんな賑やかな来訪も昨日で終わりましたが、東京はサウナ状態でエアーコンを入れないと居られないと、黒姫の涼しさが懐かしくなっているようです。


訪ねた黒姫童話館では、ちょうどホールで「モコ&シドロモドロフの『おもしろ・おはなしマイム』」というタイトルのイベントがあり、パントマイムの説明のあと「日本ミツバチ」の生態をマイムで解き明かしてくれました。
前段では一輪車に乗った演者への輪投げでしたが、何と孫が演壇に呼ばれたものの、本人はどうしていいのか分からず、それでも最後に投げた輪が無事に演者の首に。
ニホンミツバチのお話はすごく分かりやすかったものの、子供たちが理解するには難しかったでしょう。

童話の森ギャラリーでは、「リサとガスパール&ペネロペ展」。 たくさんの絵本を見ていました。

天望館の美味しい牛乳ソフトを堪能してから家に戻り、ブルーベリー摘みやジャガイモ掘り。 このように絵日記にのこす場面がいろいろあったようですが、御多分にもれず宿題など日々の責務はあとまわしになりがちでした。



この子供たちが成人する頃も、今と同じように日本が平和な国であってほしいものです。
万に一つでも、こんな国になってほしくない。


2015年7月25日土曜日

戦争法案反対集会・デモに連日参加されている方々に暑中お見舞い申し上げたい

長野市内にある権堂商店街の七夕飾りに、安倍政治を糾弾する短冊が下げられたことにエールを送りたい気持ちでいたのですが、何と自民党、公明党のシンパからの横槍が入ったのでしょう、撤去された由。 反対の意思表示は何でも抹殺しようとする、実にけつの穴の小さな有象無象の所作であろうと思われます。 そこには何が何でも戦争法案を通そうとする、ただ利権を追うだけで、正当な理由などは何も存在していないのです。

そのような勢力に対し、連日の暑さを追い返すように、戦争法案に反対する集会やデモに参加されている方々の想いには敬意を表するものであります。

さて、日中は黒姫も35度を越えるような暑さで、菜園からはズッキーニやキュウリ、万願寺、エンドウなどが毎日取れています。 20日頃からモロコシが直売所にならぶようになり、今年はグラビスが美味しいようで、既に数回宅配しています。


今日は、戸隠牧場キャンプ場へ行き、納涼にと小川で遊んできました。


そして、夜は野尻湖での花火大会。
1時間10分ほど星空のもと花火を楽しみましたが、同じような花火が続き、何気に例年見られた華やかさに欠ける花火であったと思われました。 ひょっとしたら資金面などの問題があるのかもしれません。


2015年7月23日木曜日

戦争法案に反対しよう

日本国憲法9条の理念を無視し、自衛隊が軍隊として海外派兵し戦争ができるようにする戦争法案は、アメリカ軍の海外侵略を助けるためのものであって、日本国および日本に住む一般市民には何の利益も意味もありません。

かつてはロシアなど共産圏を、現在は北朝鮮や中国を仮想敵国として、軍備強化の必要性を日本政府は喧伝し、それに多くの市民が騙され偏狭思想を植え付けているのです。
領土領海問題など隣国と争いになることはどこでもあることで、それを軍事ではなく外交によって治めるのが、政治家や高級官僚の役目なのです。 国と国の間には非武装地帯を置くことがありますが、ある部分曖昧な部分を残しておくことで、無駄な争いを生じさせないという知恵もあるはずです。 石原慎太郎が顕在化させた尖閣諸島問題しかり、竹島もしかり。 しかし現実は中国や韓国が実効支配していると感じられ、領海侵犯した船を海上保安船が追い回すだけで、日本政府は対話することもしていないのです。

とにかく、今の自公政権がやろうとしている戦争法案は、自衛隊の装備や隊員、また防衛予算をアメリカ軍に提供し(衆議院通過後のアメリカ軍広報紙Stars and Stripesには、日本政府がやってくれたという意味の記事が過日あった)、そこで使われる一部の金は三菱重工など旧財閥系の企業へ装備生産やメンテナンスに回され、最終的には政治家や政治家に群がる有象無象の懐に入るのです。
一説によると、政府事業の5%は政治家(自民党、公明党)の懐に入るのだそうです。

だから、今の自公政権は、政治家の懐を温めてくれる、戦争法案の成立に躍起になっており、国民の安全で豊かな生活のことなど眼中にないのです。 東日本大震災の被災者、そして福島原発周辺に住む住民をないがしろにして、小児がんの異常発生も無視しているのです。
東京オリンピックが開催できなくてもいいのです。 馬鹿でかい競技場を建設して、その金が大企業や政治家の懐に入ってくれればいいというのが本音なのですから。

大手テレビ局や新聞社は、そういった事実を報道しないので、多くの日本人は戦争法案に対する正しい理解がないのです。
我々はテレビも新聞も見ないので、政府に迎合した報道に騙されることはなく、逆にインターネットで主に個人が発信される記事などを、丹念に精査していると、よく理解できるのです。

信州の片田舎にいて、戦争法案反対への直接行動が出来ないでいるのですが、こうやって市井の意見としてブログに記すことも意義あるものと思っています。
それにしても東京を中心にした連日の戦争法案反対集会やデモに、若者の姿がよく見られることにわずかながら日本の将来に希望が持てるものです。

今月に入って、Facebookやネット記事で見た写真をここに載せておきます。 これだけ多くの人々が反対の意思を表明しているのに、法案通過にゴリ押しするなんて、安倍晋三はヒットラーの再来としか思えません。

嘘の報道をし、国民に必要なニュースを流さないNHKに受信料を払う必要はありません。
小さな子供たちの将来がかかっているのです。
漫画家のやくさんも意思を表明されています。





「日本の恥」、実にその通り。


戦争体験者の声を聞かない、無視しているのが自公政権。

これだけ自公政権は悪辣な政治をやっているのに、アベにNOと言えない国民。 海外から安倍がバカにされるのはいい。 しかし、アベ=日本人と解釈されるのは実に腹立たしい。



戦争法案が通れば、海外派兵する自衛隊員ばかりでなく、観光や商用で海外に出る日本人もねらわれ、拘束され死ぬことにもなるのでしょう。


公明党を皮肉ったポスター、あちこちに貼りたいです。





デモなど戦争法案反対の動きに対し、陽動作戦にでる人や団体もあり、諸手を上げて賛意するわけにもいきませんが、公明党の母体である創価学会の中にも軋みが生じて来ているようです。



最右翼とおぼしき後藤田にあっても、アベを諌める言葉を残しているようです。
長野市内に権堂という商店街があります。 飲み屋街もあって一時は歓楽街の様子を呈していた場所であったようですが、今は普通の商店街で、我々がよく行く映画館相生座ロキシーなどもあります。 この商店街でいま七夕の飾り付けがされているそうで、何と安倍晋三の悪辣な所業を糾弾する短冊がかかっているそうです。
長野県議会であったか長野市議会であったか、戦争法案賛成の意見書が過日国に提出されたそうですが、長野市内の商店主は買い物に来る一般人の心をよく掴んでいるんですね。
ちょっと嬉しくなりました。

「仏罰→公明党」、これも分かりやすくて、いい皮肉ですね。