お知らせ

お知らせ

*自戒を込めて-> テレビ(大手メディアを含め)はバカ箱ウソ箱
ニュースやワイドショーからは嘘を植えつけられるし、思考痴呆にもなります。

日本の政治や社会を、自分の眼で見て、自分の頭で考えるようにしたいものです。

「公共放送」と名乗っている局や態勢迎合の低俗局、大手新聞社等は時の政府になびくような番組や紙面作りをし国民を騙し洗脳しているのです。 「ゴミ箱」同様の「マスゴミ」情報は信用に値するものであるか、自分の頭で判断したいものです。

*ネットニュースにも、偏狭(偏狂)新聞社やテレビ局のものが掲載されています。 やみくもに信用しない、鵜呑みにしないことが大事ですね。

災害列島ジャパン自衛せよ!

人と防災未来センター

八木下重義ー地震予兆研究センター

*2012年6月、ブログ「続・黒姫高原はんぐろ日記」を開設し、自宅サーバで運用してきたブログ「黒姫高原・はんぐろ日記」の記事等をこちらへ移行しました。 2012年5月以前の記事に載せた写真等はおいおい移行しようと思っていますが、当面ブランクのままの表示となっています。 また従前から開いていたホームページ「黒姫高原・コム」は2015年1月に閉鎖しました。

*所有ドメイン名 kurohimekogen.com, kurohime.com, kurohime.info は順次放棄することにし、当ブログへの転送設定も停止しております。

*新聞の切り抜き等で拡大表示しても文字の判読が難しい時があります。 そのような場合は、切り抜き画像をパソコンにダウンロードしてから表示されると読みやすくなります。

*平和の琉歌



*うないぐみ+坂本龍一「弥勒世果報 (みるくゆがふ) - undercooled」


*the world is coming to an end



*お問い合わせメールは、kurohimekogen●gmail●comへ(●は文字を入れ換え、すべて半角で)

*↓時々、先日付の投稿があります。
 下へスクロールして直近の投稿を確認して下さい。

2016年4月30日土曜日

「風の波紋」を見てきました

二日ほど雨降りの日が続き、今朝の外気温は1.7度と冷え込み、薪を焚いてしまいました。

昨日、雨があがりそうかなという一時、黒姫山の中腹にわずかに虹が見えました。


そして、上越市へ出かけ、高田世界館でドキュメンタリー映画「風の波紋」を見て来ました。 昨日29日は、小林茂監督の上映後の挨拶があるとのことで、映画館の駐車場は満杯、館内もかなりの客数でした。


映画は、新潟県と長野県の境にある豪雪地帯、妻有地方とよばれる、栄村、松之山、津南、十日町、上越で暮らす人々をカメラで追うものでした。(私は「妻有蕎麦」しか知りませんでした)
雨や風、雪とともに、地べたに這うような暮らしながらも、人と人とが寄り添い助け合いながらの、原始生活のような姿に、人間本来の生き方が感じられる映画でした。
悠久の歴史の中の、ほんのひと時暮らす我々は、自然や土地によって生かされていることがよく分かり、都会で財産や貯金が増えたとか、アイツより俺の方が金を持っている、などと奢り高ぶるような暮らしが実に虚しいものであると知ることができるのです。

なお、高田世界館では、「風の波紋」の上映を5月21日まで予定しているようです。(パンフレットでは14日までとなっていますが、サイト上の上映スケジュールでは延長されています)


公式プログラムや監督著作「雪国の幻灯会へようこそ」を見ると、監督の制作主旨や登場された方々のお人柄などがよく分かるものです。




0 件のコメント: