お知らせ

お知らせ

*自戒を込めて-> テレビ(大手メディアを含め)はバカ箱ウソ箱
ニュースやワイドショーからは嘘を植えつけられるし、思考痴呆にもなります。

日本の政治や社会を、自分の眼で見て、自分の頭で考えるようにしたいものです。

「公共放送」と名乗っている局や態勢迎合の低俗局、大手新聞社等は時の政府になびくような番組や紙面作りをし国民を騙し洗脳しているのです。 「ゴミ箱」同様の「マスゴミ」情報は信用に値するものであるか、自分の頭で判断したいものです。

*ネットニュースにも、偏狭(偏狂)新聞社やテレビ局のものが掲載されています。 やみくもに信用しない、鵜呑みにしないことが大事ですね。

災害列島ジャパン自衛せよ!

人と防災未来センター

八木下重義ー地震予兆研究センター

*2012年6月、ブログ「続・黒姫高原はんぐろ日記」を開設し、自宅サーバで運用してきたブログ「黒姫高原・はんぐろ日記」の記事等をこちらへ移行しました。 2012年5月以前の記事に載せた写真等はおいおい移行しようと思っていますが、当面ブランクのままの表示となっています。 また従前から開いていたホームページ「黒姫高原・コム」は2015年1月に閉鎖しました。

*所有ドメイン名 kurohimekogen.com, kurohime.com, kurohime.info は順次放棄することにし、当ブログへの転送設定も停止しております。

*新聞の切り抜き等で拡大表示しても文字の判読が難しい時があります。 そのような場合は、切り抜き画像をパソコンにダウンロードしてから表示されると読みやすくなります。

*the world is coming to an end*



*お問い合わせメールは、kurohimekogen●gmail●comへ(●は文字を入れ換え、すべて半角で)

*↓時々、先日付の投稿があります。
 下へスクロールして直近の投稿を確認して下さい。

2016年9月28日水曜日

町内で見る不動産売り物件や家を持つことなど

町内を巡っていると、「売り物件」と表示された建物や土地を見ることがよくあります。
息子娘のために不動産を用意しても、当の本人達が信濃町に戻ってこないとか、逆に一人になってしまい街に住む子供たちと同居すると町を出て行く方も居られるのでしょう。

別荘地などですと、世代が変わり、別荘を持つこと自体に興味がなかったり負担になると思っている方もおられるでしょう。

またペンションなどですと、経営者が高齢になったとか、観光で来られる方々のマインドというのか目的や態様が変わり宿泊者が減少し、経営が難しくなっている所もあるようです。

たまたま不動産会社のHPを見ていて、信濃町や周辺の物件にどんなものがあるか見ていたら、何と我が家の近くでも売りに出されていることが分かったのでした。

それぞれ理由があるのでしょうが、折角顔見知りとなり親しくされた方々が、売却されて転居されるのはちょっとさみしい感じがします。

次の写真は不動産サイトから数日前に入手したもので、既に売却済みであれば掲載が終了しているかもしれません。 詳細はHPを探して見て下さい。

ほかに土地だけの物件もあり、近くには5〜6件ほどあるようです。

理由はさまざまでしょうが、「売り」と表示された物件は近隣としては多いように感じられます。

因みに、別荘地での売り物件は所有しているだけでも負担だと、100万とか200万とか、当初取得した金額よりかなり安く手放そうとしている方もおられるようです。

地域や物件によっても異なるでしょうが、現在の不動産は総じて買い手市場でしょう。 売り手の思うようには売買できないのが現実ではないかと思われます。

そして、周囲にいる身としては、そういった物件を購入され転居されて来た方がどんな方か、そういったことも気になるのです。
話の通じる方であれば良いのですが、一方的に我を通す人であったらどうしよう? などとあらぬことを考えてしまうわけです。
気心を知るまでには相応の時間を必要とします。

冬は、大雪が降りますので、除雪に対する考慮があるかということも気になります。
敷地の除雪で出た雪を近所の家に押しこくったり、あるいは除雪ブルが来る前に道路に出すのであればいいのですが、よく除雪ブルが帰ってから出す家もあります。
車が通ると雪を踏み潰して溶かしてくれると思っている方もいるようで車道に放る人もいて、まだらに雪が残っている道を通過するのは運転者としてはかなり神経を使うものです。
どうせ溶けるものだからと畑に雪を飛ばせば、その中に石ころが混じっていることもあり、畑の持ち主としては気になります。

そんなこんながありますが、家を売却するのは事情があるわけで、空き家のままあるのではなく、早く新しい持ち主が現れてくれることは、まずは願いたいですね。

さて、引っ越されてきた方は、すでに記したように雪仕舞いについての理解を得てほしいですが、まだまだ色々なことがあります。 まずは一般の町内会費に相当する負担があります。
我が家の例ですと、区費、組費、外灯組合費で年間2万数千円の負担。 下水道代金は月に5〜6千円で、上水道だけでしたらこの半分位の負担でしょうが、地域に雑排水処理施設があれば、その維持のための費用負担があるでしょうし、簡易水洗トイレの場合は年に数回汲み取りに来てもらう必要があります。 現在はどうか分かりませんが、くみ取り費用は住民と住民以外(別荘など)では費用が異なっていました。

また水道管の引き込みの太さによっても、基本料金や使用量単価が変わってきて、それに気がついたのは家を建ててから20年以上も経ってからでした。 3年前に細い管に変更しましたが、それまでに余分に払った金額はざっと20万円超。


プロパンガスの使用単価もよその家と比べると大変高いことに気づき、これも交渉して値を下げさせました。

家を持つということは目に見えないものも含め色々な掛かりがするものです。 自分の過去を振り返り、あの時あぁすればよかったとか思うこともありますが、全て後の祭りですね。
これからの人生、極力無駄なことはせず、地道に日々を過ごして行きたいと、周辺の売買物件を見て、そんなふうに思っている所です。


2 件のコメント:

槌が崎 さんのコメント...

記事の内容もさることながら、表現に2人で大笑いしてしまいました。
・・雪を隣の家に押しこくる・・
すっかり土地の人になってしまったのではないですか?
次の記事ですが、もうすっかりというぐらいに稲刈りは終わったでしょうか?

hanguro さんのコメント...

何気なく使っている言葉(表現)に違和感を感じるって、これまで黒姫半分の人生なのに、ある部分土地の人になってしまったのかも知れませんネ!
信濃町の稲田は、コシヒカリの他、酒米などもありますし、生育具合も気温や水温によって違うので、刈り取り時期は色々のようで、もう遅いかなと思われる今日もコンバインの音が聞こえていました。