お知らせ

お知らせ

*自戒を込めて-> テレビ(大手メディアを含め)はバカ箱ウソ箱
ニュースやワイドショーからは嘘を植えつけられるし、思考痴呆にもなります。

日本の政治や社会を、自分の眼で見て、自分の頭で考えるようにしたいものです。

「公共放送」と名乗っている局や態勢迎合の低俗局、大手新聞社等は時の政府になびくような番組や紙面作りをし国民を騙し洗脳しているのです。 「ゴミ箱」同様の「マスゴミ」情報は信用に値するものであるか、自分の頭で判断したいものです。

*ネットニュースにも、偏狭(偏狂)新聞社やテレビ局のものが掲載されています。 やみくもに信用しない、鵜呑みにしないことが大事ですね。

災害列島ジャパン自衛せよ!

人と防災未来センター

八木下重義ー地震予兆研究センター

*2012年6月、ブログ「続・黒姫高原はんぐろ日記」を開設し、自宅サーバで運用してきたブログ「黒姫高原・はんぐろ日記」の記事等をこちらへ移行しました。 2012年5月以前の記事に載せた写真等はおいおい移行しようと思っていますが、当面ブランクのままの表示となっています。 また従前から開いていたホームページ「黒姫高原・コム」は2015年1月に閉鎖しました。

*所有ドメイン名 kurohimekogen.com, kurohime.com, kurohime.info は順次放棄することにし、当ブログへの転送設定も停止しております。

*新聞の切り抜き等で拡大表示しても文字の判読が難しい時があります。 そのような場合は、切り抜き画像をパソコンにダウンロードしてから表示されると読みやすくなります。

*平和の琉歌



*うないぐみ+坂本龍一「弥勒世果報 (みるくゆがふ) - undercooled」


*the world is coming to an end



*お問い合わせメールは、kurohimekogen●gmail●comへ(●は文字を入れ換え、すべて半角で)

*↓時々、先日付の投稿があります。
 下へスクロールして直近の投稿を確認して下さい。

2016年10月5日水曜日

おんぶ大臣、その後は?

当ブログで記事にした、「長野2区選出の務台俊介議員のおんぶ視察」が好評だったのか、あるいはGoogle検索で容易に見つかったのか、アクセス件数が400をも越えました。
たまたまFacebookから得た情報でしたが、官僚も政治家も国民が納めた税金で飯を食っているわけで、その点からも公僕らしからぬ言動には憤りを感じるものであったわけです。

さて、その後「おんぶ大臣」がどうなったのか、
9月20日の週刊文春の記事に、「おんぶ政務官 務台俊介内閣政務官 実母の5億円金銭トラブル」というのがありました。


この記事の真偽のほどは分かりませんし、その後の報道もないようですのでコメントのしようがありませんが、火のない所には煙が立たないとも申します。 どうしてもきな臭いものを感じてしまうのは私だけではないでしょう。

9月27日の産経には、「被災地視察で「おんぶ」の失態演じた務台政務官に復興担う資格はあるか」という記事がありました。


さらに、10月4日の産経には、「不適切。大変申し訳ない」と首相が委員会で陳謝したとのこと。


産経って、自民党べったりのゴロツキ新聞だと思っていたけど、きちんと書いているんですね。 ちょっと見直しました。

さて、来春の総選挙が現実味を帯びてきたようです。 「生活の党」が「自由党」に党名を変えるというのも、その流れでしょうし、こんな信州の山奥なのに、立候補予定者や後援会の個別訪問がちらほら見られるのもその証左でしょう。
「おんぶ」を早く払拭しないと、務台議員の政治生命も風前の灯となるか、はたまた逆境に立ち向かうことができるのか、しばし注目していようと思います。

0 件のコメント: