お知らせ

お知らせ

*自戒を込めて-> テレビ(大手メディアを含め)はバカ箱ウソ箱
ニュースやワイドショーからは嘘を植えつけられるし、思考痴呆にもなります。

日本の政治や社会を、自分の眼で見て、自分の頭で考えるようにしたいものです。

「公共放送」と名乗っている局や態勢迎合の低俗局、大手新聞社等は時の政府になびくような番組や紙面作りをし国民を騙し洗脳しているのです。 「ゴミ箱」同様の「マスゴミ」情報は信用に値するものであるか、自分の頭で判断したいものです。

*ネットニュースにも、偏狭(偏狂)新聞社やテレビ局のものが掲載されています。 やみくもに信用しない、鵜呑みにしないことが大事ですね。

災害列島ジャパン自衛せよ!

人と防災未来センター

八木下重義ー地震予兆研究センター

*2012年6月、ブログ「続・黒姫高原はんぐろ日記」を開設し、自宅サーバで運用してきたブログ「黒姫高原・はんぐろ日記」の記事等をこちらへ移行しました。 2012年5月以前の記事に載せた写真等はおいおい移行しようと思っていますが、当面ブランクのままの表示となっています。 また従前から開いていたホームページ「黒姫高原・コム」は2015年1月に閉鎖しました。

*所有ドメイン名 kurohimekogen.com, kurohime.com, kurohime.info は順次放棄することにし、当ブログへの転送設定も停止しております。

*新聞の切り抜き等で拡大表示しても文字の判読が難しい時があります。 そのような場合は、切り抜き画像をパソコンにダウンロードしてから表示されると読みやすくなります。

*the world is coming to an end*



*お問い合わせメールは、kurohimekogen●gmail●comへ(●は文字を入れ換え、すべて半角で)

*↓時々、先日付の投稿があります。
 下へスクロールして直近の投稿を確認して下さい。

2016年11月5日土曜日

今、National Geographic 「地球が壊れる前に / Before the Flood」が見られます

国連平和大使の、俳優レオナルド・ディカプリオが2年間に亘って地球温暖化の実際を検証した旅を写したドキュメンタリー映画 National Geographic

「地球が壊れる前に / Before the Flood」

が期間限定で見られます。
日本語字幕付き、視聴時間95分。


*Youtube https://www.youtube.com/watch?v=UjKoHS3mDLE
  公開期間 10月31日(月)12:00〜11月8日(火)14:00

*CS放送 Ch.343 ナショジオチャンネル
  11月6日14:00〜   11月26日22:00〜


Youtubeは期間限定ですので、何度も見たい方、ビデオレコーダに保存したい方はCS放送の方が良いかもしれません(録れるかどうかは分かりませんが)。

オイルマネーに塗れた政治家などは、俳優レオナルド・ディカプリオは素人で何も分かっていないのに地球の温暖化が進んでいると言うが、科学者はそんな事実は全くないと、嘯く。

福島原発からの放射能漏れに対し、小児性ガンの発症は全くなく、逆に放射能を浴びた方が健康には良いのだと言う医者がいたり、原発の危険性を顧みず、相も変わらず原発推進を強力に推し進める日本の政治家や経済人、医学界、マスゴミ、そんな輩の存在と共通するものが、この地球温暖化問題にもあるようです。

熱帯雨林の伐採・焼却、肉牛の繁殖、工場や自動車などの排ガスなどなどにより、地球の気温があがり、極地や山岳の氷の溶解や気候変動をもたらし、やがて北極などは船で航海できてしまうという。
海面が上がることで消えてしまう小島に住む人々にとっては生命を奪われてしまうほどの現象でしょう。
本当に怖いことだと思いました。

温暖化解決への道がないのか。
この映像では、一人ひとりが意識を持ち、政治や社会体質を変えていけば、可能であると明示しています。

憲法9条問題、自衛隊の駆けつけ警護、沖縄の辺野古や高江、オスプレイ、ヘリパッド建設、原発、核兵器などなど、全て一部政治家と金持ちの欲と利権が絡み合い、それらのツケや苦渋は一般市民に向けられるのです。

「欲」にかられた政治家に政治を任せるのではなく、一般市民が声を挙げ、あるいはインターネットなどあちこちで意思表示をするのです。

長野県選出のあの務台議員の「おんぶ視察」に対し、大臣であったか総理大臣であったか、不適切であったと釈明発言があったし、沖縄高江での警官の「土人」「シナ人」発言に対しても、高級官僚であったか政治家がゴメンナサイの言い訳けがありました。

今はネット社会であちこちで声を出すチャンスがあり、役人達はそれを精査し、国民の動向を常に見ているのです。 だから、一人ひとりが声を出すことが大事なのです。











0 件のコメント: