お知らせ

お知らせ

*自戒を込めて-> テレビ(大手メディアを含め)はバカ箱ウソ箱
ニュースやワイドショーからは嘘を植えつけられるし、思考痴呆にもなります。

日本の政治や社会を、自分の眼で見て、自分の頭で考えるようにしたいものです。

「公共放送」と名乗っている局や態勢迎合の低俗局、大手新聞社等は時の政府になびくような番組や紙面作りをし国民を騙し洗脳しているのです。 「ゴミ箱」同様の「マスゴミ」情報は信用に値するものであるか、自分の頭で判断したいものです。

*ネットニュースにも、偏狭(偏狂)新聞社やテレビ局のものが掲載されています。 やみくもに信用しない、鵜呑みにしないことが大事ですね。

災害列島ジャパン自衛せよ!

人と防災未来センター

八木下重義ー地震予兆研究センター

*2012年6月、ブログ「続・黒姫高原はんぐろ日記」を開設し、自宅サーバで運用してきたブログ「黒姫高原・はんぐろ日記」の記事等をこちらへ移行しました。 2012年5月以前の記事に載せた写真等はおいおい移行しようと思っていますが、当面ブランクのままの表示となっています。 また従前から開いていたホームページ「黒姫高原・コム」は2015年1月に閉鎖しました。

*所有ドメイン名 kurohimekogen.com, kurohime.com, kurohime.info は順次放棄することにし、当ブログへの転送設定も停止しております。

*新聞の切り抜き等で拡大表示しても文字の判読が難しい時があります。 そのような場合は、切り抜き画像をパソコンにダウンロードしてから表示されると読みやすくなります。

*平和の琉歌



*うないぐみ+坂本龍一「弥勒世果報 (みるくゆがふ) - undercooled」


*the world is coming to an end



*お問い合わせメールは、kurohimekogen●gmail●comへ(●は文字を入れ換え、すべて半角で)

*↓時々、先日付の投稿があります。
 下へスクロールして直近の投稿を確認して下さい。

2016年12月31日土曜日

来年3月、町議会選挙が予定されているらしい

数日前から黒姫を離れていますが、我々が不在となった途端に、大雪が続けて降ったようです。 帰ったら、ご近所から「雪を置いて行ったね」と苦言を言われそうです。

さて、信濃町では、来年3月、4年に一度の町議会議員選挙が行われるとのこと。
今までは14名の定員の所、2名減の12名になるらしい。 前回は立候補者数と議員定数が同じであったため、選挙活動は行われず、立候補者の所信表明や公約など全く無いまま、自動的に決まってしまいました。 実に無風な選挙であったわけです。

次回は定数が減ったということですので、選挙活動が余儀なくされれば、それなりの緊張感は増すとも思われます。

私も、時々、回付される町議会報を見たり、議会傍聴したりして来ましたが、議会運営というか、議員そのものになってしまうのかもしれませんが、何か物足りなさを感じています。

「弁舌さわやか」とか「上手口」を臨んでいるわけではありません。
町内の諸事項について、自ら調べ打開策を考えているのか、あるいは行政運営に対する理解を含め、町民にとって、何が必要か何が不要かを精査されているのか、そういう雰囲気があまり伝わってきません。
町議員は、町民の代表であり、町民の日々の生活の改善や安全をはかるのが役目であり、一部勢力への利益に拘泥するものではありません。

町の人口が1万人を割った頃からでしょうか、あちこちで外から来て住民になってもらうよう、人口増への対策が図られてきました。 自分の周辺でも、どこどこから来た人が古家を買ったとか聞くこともありますが、なかなか目立った効果は見えていないように思われます。

町は体験住宅なども用意していますが、やはりハードではなく、ソフト面での積み重ねが重要だし、何より町役場(役職員や議員など)、関係者、住民などなどが、外から来た人にとって魅力的な存在になっているか、そんな所が過疎化への歯止めの出発点ではなかろうかと思うわけです。

先日、共産党議員さんのチラシが配布されてきました。
先日の水道料金値上げ案に対する疑問や対応策の提示など、共産党議員さんなどからは色々出ていましたが、他の議員からは発言もなく、この人たちは水道問題を理解しているのかなと疑問に思えるものでした。
そういう点では、共産党の、特に地方におられる議員方々はよく働いていると思います。



自由党の山本太郎議員は、30日労働者が集う横浜寿町に出かけ、暮の炊き出し作業のお手伝いに行かれたそうです。 国であれ地方であれ、議員は住民の代表であり、共にあって彼らの生活を考える役目を担っているのです。
山本氏と同じような視点を、信濃町の議員さんにも持ってもらいたいものです。





0 件のコメント: