お知らせ

お知らせ

*自戒を込めて-> テレビ(大手メディアを含め)はバカ箱ウソ箱
ニュースやワイドショーからは嘘を植えつけられるし、思考痴呆にもなります。

日本の政治や社会を、自分の眼で見て、自分の頭で考えるようにしたいものです。

「公共放送」と名乗っている局や態勢迎合の低俗局、大手新聞社等は時の政府になびくような番組や紙面作りをし国民を騙し洗脳しているのです。 「ゴミ箱」同様の「マスゴミ」情報は信用に値するものであるか、自分の頭で判断したいものです。

*ネットニュースにも、偏狭(偏狂)新聞社やテレビ局のものが掲載されています。 やみくもに信用しない、鵜呑みにしないことが大事ですね。

災害列島ジャパン自衛せよ!

人と防災未来センター

八木下重義ー地震予兆研究センター

*2012年6月、ブログ「続・黒姫高原はんぐろ日記」を開設し、自宅サーバで運用してきたブログ「黒姫高原・はんぐろ日記」の記事等をこちらへ移行しました。 2012年5月以前の記事に載せた写真等はおいおい移行しようと思っていますが、当面ブランクのままの表示となっています。 また従前から開いていたホームページ「黒姫高原・コム」は2015年1月に閉鎖しました。

*所有ドメイン名 kurohimekogen.com, kurohime.com, kurohime.info は順次放棄することにし、当ブログへの転送設定も停止しております。

*新聞の切り抜き等で拡大表示しても文字の判読が難しい時があります。 そのような場合は、切り抜き画像をパソコンにダウンロードしてから表示されると読みやすくなります。

*平和の琉歌



*うないぐみ+坂本龍一「弥勒世果報 (みるくゆがふ) - undercooled」


*the world is coming to an end



*お問い合わせメールは、kurohimekogen●gmail●comへ(●は文字を入れ換え、すべて半角で)

*↓時々、先日付の投稿があります。
 下へスクロールして直近の投稿を確認して下さい。

2017年2月13日月曜日

韓国映画「弁護人」を観てきました

雪除け作業も税務申告作業も一段落がついて来たので、映画「沈黙」、「五島のトラさん」に続いて、今日は、韓国の作品である「弁護人」を観てきました。

映画「弁護人」予告

場所は、長野・権堂商店街の一角にある、「相生座・ロキシー」。

長野駅から歩いて20分ほど。

先日の「五島のトラさん」の時は平日にもかかわらず30名ほどの観客がいましたが、今日は4名。 ちょっと寂しい感じ。

物語は、高卒でありながら司法資格を取得したものの、司法書士の仕事を横取りするような不動産登記の事務所を開いたり、税務コンサルタントなどで集客、金儲けに勤しんでいた主人公が、貧しい時代に助けてくれた食堂のお母さんの子供がいわれのない赤狩りで警察に逮捕され自白強要させられた裁判に関わり、だんだん人権弁護士、市民派弁護士に育っていく姿を映したものでした。

最後の場面では、市民運動のリーダーとなって国家権力に囚われるも、その裁判場には、当時釜山にいた140数名の弁護士のうち、99名が傍聴に出席していたと、はじめは高卒弁護士とバカにされていた主人公を応援し心にかけるまでになっていたのでした。

弁護士は依頼主の意向に添って、その権利を守るのが仕事でしょうが、やはり基本的人権を守り、正しいことを貫くというのが本来の役目なのでしょう。

そういった視点で、今の日本を見ると、実に心もとないというか、権益に勤しむ金持ちや会社、糾弾されるべき政治家を守る弁護士がいかに多いか、はたまた市民に寄り添う弁護士であっても、大衆の気持ちを逆撫でることが多いようにも感じています。

日本の司法にかかわる人たちもこういう映画から少しは学んでほしいと思うものです。

それにしても、昨年末、ソウルで実施されたパク大統領辞任要求の市民デモを見ても、国家主権である市民の権利が韓国では十分に生かされ、民主主義が成熟しているように思われます。
翻って、日本を見ると、民主主義などはどこかへ飛んでいってしまい、金持ちやマスゴミ、政治家の意のままに政治や社会態勢が作られ、それに異を唱える人々はことごとく封じてしまっているのが現状です。

沖縄の辺野古米軍基地拡充に反対するグループのリーダーである山城博治さんを昨年捕らえ、その罪状が不明確なまま2ヶ月以上も勾留している沖縄県警の存在を見るだけで、日本の民主政治は地に落ちていると考えられます。

 映画「弁護人」アフタートーク2016.11.19新宿シネマカリテ

2016.11.20ソン・ガンホ氏「弁護人」舞台挨拶

ちなみに、この映画の主人公は、後の盧武鉉(ノ・ムヒョン)元大統領。 親族の蓄財問題などで自死されてしまったが、韓国ではその人柄に思いをもつ人が多いようです。

0 件のコメント: