お知らせ

お知らせ

*自戒を込めて-> テレビ(大手メディアを含め)はバカ箱ウソ箱
ニュースやワイドショーからは嘘を植えつけられるし、思考痴呆にもなります。

日本の政治や社会を、自分の眼で見て、自分の頭で考えるようにしたいものです。

「公共放送」と名乗っている局や態勢迎合の低俗局、大手新聞社等は時の政府になびくような番組や紙面作りをし国民を騙し洗脳しているのです。 「ゴミ箱」同様の「マスゴミ」情報は信用に値するものであるか、自分の頭で判断したいものです。

*ネットニュースにも、偏狭(偏狂)新聞社やテレビ局のものが掲載されています。 やみくもに信用しない、鵜呑みにしないことが大事ですね。

災害列島ジャパン自衛せよ!

人と防災未来センター

八木下重義ー地震予兆研究センター

*2012年6月、ブログ「続・黒姫高原はんぐろ日記」を開設し、自宅サーバで運用してきたブログ「黒姫高原・はんぐろ日記」の記事等をこちらへ移行しました。 2012年5月以前の記事に載せた写真等はおいおい移行しようと思っていますが、当面ブランクのままの表示となっています。 また従前から開いていたホームページ「黒姫高原・コム」は2015年1月に閉鎖しました。

*所有ドメイン名 kurohimekogen.com, kurohime.com, kurohime.info は順次放棄することにし、当ブログへの転送設定も停止しております。

*新聞の切り抜き等で拡大表示しても文字の判読が難しい時があります。 そのような場合は、切り抜き画像をパソコンにダウンロードしてから表示されると読みやすくなります。

*平和の琉歌



*うないぐみ+坂本龍一「弥勒世果報 (みるくゆがふ) - undercooled」


*the world is coming to an end



*お問い合わせメールは、kurohimekogen●gmail●comへ(●は文字を入れ換え、すべて半角で)

*↓時々、先日付の投稿があります。
 下へスクロールして直近の投稿を確認して下さい。

2017年3月8日水曜日

先週末から千客万来

雪の季節ともなると、いつもは二人だけの静かな日々を過ごしていますが、先週末から孫達や客人など、千客というのは少しオーバーなものの、立て続けの来客に賑やかな数日となりました。

孫は、スノーパークでのスキー特訓やソリ遊び。


今年の旧称前山スキー場は、「ファミリーパーク」という名称とともに、営業の形が大きく変わっているようです。
20数年前、前山スキー場の一番奥に、Tバーというリフトがありましたが、しばらくしてペアリフトに変わったものの、数年前にこのリフトがなくなりました。
そして今年からは、前山方向に延びていた初心者用のリフト1本が廃止となり、キッズパークが広くなり、キッズパークと童話館のクロカンコースの間にスノーモービル専用コースが出来ていました。

キッズ(ファミリー)パークの入場料は、大人も子供も500円で、そのまま前山第一ペアーリフトと呼んでいたリフトが乗れるのです。 前山ゲレンデは緩やかなバーンですので、スキーをはじめたばかりの子供達が習うには最適だし、リフト代が安くすむというのもなかなかいいですね。


子供用のソリは自前のものを持って行きましたが、キッズパークでは色んな形のソリがレンタルでき、楽しめ、スピードに慣れるという点でもいいようです。 しかもソリとスキーの斜面が分かれていました。
できれば、もう少し長い斜面であればスピードがでて楽しめるかなという印象。



午後からは宝探しのゲーム(土日?)があり、子供達の年齢に応じたグループ分けがなされていて、一等はスノーモービル乗車券(優待券?)のようでした。
雪面に置いてあるビニール袋を拾うだけの宝探しで、一組一つだけという制限があったようですが、やはり要領のいい人は(大人も子供も)、手にいくつもかかえていました。
のんびり屋の我が孫は一袋のみで、中身はラムネ菓子でした。

まぁ、こんな余興も楽しいものですね。



孫達が東京に帰ると、すぐに関西からの客人。
客人は、夏は川遊び(水泳とカヌー)、冬はスノーシューを趣味としていて、今回も白馬を皮切りに雪山を歩いてきたそうですが、黒姫の場合は、御鹿池周辺に限られており、峰々を俯瞰できるようなスノーシューコースがあればもっと楽しめるのにという感想を述べておりました。

0 件のコメント: