お知らせ

お知らせ

*自戒を込めて-> テレビ(大手メディアを含め)はバカ箱ウソ箱
ニュースやワイドショーからは嘘を植えつけられるし、思考痴呆にもなります。

日本の政治や社会を、自分の眼で見て、自分の頭で考えるようにしたいものです。

「公共放送」と名乗っている局や態勢迎合の低俗局、大手新聞社等は時の政府になびくような番組や紙面作りをし国民を騙し洗脳しているのです。 「ゴミ箱」同様の「マスゴミ」情報は信用に値するものであるか、自分の頭で判断したいものです。

*ネットニュースにも、偏狭(偏狂)新聞社やテレビ局のものが掲載されています。 やみくもに信用しない、鵜呑みにしないことが大事ですね。

災害列島ジャパン自衛せよ!

人と防災未来センター

八木下重義ー地震予兆研究センター

*2012年6月、ブログ「続・黒姫高原はんぐろ日記」を開設し、自宅サーバで運用してきたブログ「黒姫高原・はんぐろ日記」の記事等をこちらへ移行しました。 2012年5月以前の記事に載せた写真等はおいおい移行しようと思っていますが、当面ブランクのままの表示となっています。 また従前から開いていたホームページ「黒姫高原・コム」は2015年1月に閉鎖しました。

*所有ドメイン名 kurohimekogen.com, kurohime.com, kurohime.info は順次放棄することにし、当ブログへの転送設定も停止しております。

*新聞の切り抜き等で拡大表示しても文字の判読が難しい時があります。 そのような場合は、切り抜き画像をパソコンにダウンロードしてから表示されると読みやすくなります。

*平和の琉歌



*うないぐみ+坂本龍一「弥勒世果報 (みるくゆがふ) - undercooled」


*the world is coming to an end



*お問い合わせメールは、kurohimekogen●gmail●comへ(●は文字を入れ換え、すべて半角で)

*↓時々、先日付の投稿があります。
 下へスクロールして直近の投稿を確認して下さい。

2017年3月25日土曜日

選挙活動も最終日となりました

今朝起きてみたら、辺りは白一色で、どうも夜間に雪が舞い降りたようで、積雪5cmほどでした。 山の方はもっと降ったことでしょう。
そして、気温はマイナス6度。 この時期としてはかなり冷えていたでしょう。


まぁ、日中は晴れてお日様も出ましたので、降った雪はすぐにとけています。

さて、信濃町議会議員選挙の立候補活動の最終日となりました。
相変わらず、立候補者名の連呼の車が行ったり来たりしており、何気に賑やかというか、スピーカーから聞こえる運動員の声にも力が入って、上ずっているようにも感じられています。

そうか、4年前の選挙では、立候補者数と定員が同数であったため、選挙が行われず、立候補者は無風で議員職にありつけていたわけです。
今回、現職の方も町民の評価をどれだけ捉えているか分からず、その分、今回の選挙活動に力が入っているのではないかと思われます。

さて、今回の選挙では、立候補者が次の5点についてどのように考え判断しているのか、町民が知らなければならないと思います。 病院問題は、かなり大きなテーマだし、現町長も2年前の選挙では町民に対して約束していましたので、ここでは除外しておきましょう。

1.水道料金の値上げ
2.オスプレイの町への飛来
3.米価対策を求める
4.TPP批准反対
5.病院問題

1〜4までについての、現(前)職の方(引退議員除く)の判断。
1.水道料金値上げ 賛成
  石川広之
  佐藤武雄
  橋崎一雄
  酒井聡

2.オスプレイの町への飛来 賛成
  石川広之
  佐藤武雄
  酒井聡
  橋崎一雄
  湊喜一

3.米価対策を求める 反対
  石川広之
  佐藤武雄
  青柳秀吉
  橋崎一雄
  湊喜一

4.TPP批准反対 批准に賛成
  石川広之
  佐藤武雄
  酒井聡
  青柳秀吉
  橋崎一雄
  湊喜一
 特に、水道料金値上げやオスプレイ飛来は、町民の生活に直接関わるものなので、なぜ値上げに賛成したのか、なぜ飛来を認めるのか、そういった、ご自分の判断について、この選挙期間中に、町民に対し説明する義務があると思います。

(山奥の寒村にいながら、「国会の与党ー自民・公明・維新 対 野党」という構図が見え隠れしているような、反対勢力のものは何でも反対だという、本末転倒な雰囲気が漂っているような気もします)

何の言明もなく、町民の安全や福利を阻害するような事に同意したとしたら、別の意図があるのではないかと勘ぐることもできてしまいます。

立候補者名の連呼だけでなく、要所要所で立ち止まって、数分、所信を表明すれば、そういった誤解もなく、有権者の賛意を得ることもできるでしょう。

今日も郵便受けにチラシが入っていました。 候補者を特定するような記載はありませんでしたが、候補者としてあるべき文言がありましたので、ここに貼り付けてみました。
議員としての自分の役割、目的を明確にし選挙活動されている方と、ただ名前の連呼で回っている方とでは、議員になってからの働きにも大きな差が出て来ることでしょう。
住民のことを真に考えてくれる候補者に一票を投じたいものですね。


もっと、町民に寄り添った、地についた選挙活動を、当選の暁にはきめ細かい議員活動に専念してほしいと、つくづく思うものです。
それらにより、「信濃町を魅力ある町」にすることができるのです。

さて、残り時間もあとわずかになって来ました。


0 件のコメント: